PR

直火禁止のキャンプ場で焚き火する方法

安さが魅力キャンプ・BBQ・車中泊ノウハウ
記事内に広告が含まれています。

キャンプ場の中には注意書きとして「直火禁止」とあります。「直火禁止」の意味と対応方法について解説します。

スポンサーリンク

直火(じかび)禁止とは?

「直火」とは、「地面で直接焚き火をすること」です。

従って、キャンプ場で直火禁止と言うと、「地面に木材等の燃える物を置いて燃やす事を禁止する」という意味です。

直火禁止のキャンプ場で焚き火する方法

「焚き火台」を使います。

焚き火台

写真の通り、焚き火をするための台です。

この上で焚き火をすれば、地面に燃やした跡が残ることもなく、直火禁止のキャンプ場でも利用できます。


スポンサーリンク



焚き火台を選ぶポイント

焚き火台も、目的に合わせて選びましょう。

ダッチオーブンのように重い鍋も載せられると、焚き火料理が楽しめる

焚き火台に置いたダッチオーブン

ダッチオーブンは非常に重いですが、焚き火台の中にはダッチオーブンを載せても耐えられる商品もあります。

ダッチオーブンが載るということは、どんな鍋やヤカンでも載せることができるので、ダッチオーブンが載せられる焚き火台はおすすめです。

金網付き、もしくは焚き火台に載せられる金網があると魚を焼くのに良い

帆立貝の網焼き

焚き火台に金網を載せれば、魚や貝を焼くのに便利です。

炎では火力が強過ぎる場合、木材を炭に変えておけば、魚や貝をじっくり焼く事ができます。