エクセルで以上、以下、より大きい、未満、等しい、等しくないの記号を入力する方法と実際の使い方

比較演算子である、以上、以下、より大きい、未満、等しい、等しくないをエクセルで入力する方法と、実際の使い方を解説します。



エクセルで以上、以下、より大きい、未満、等しい、等しくないを入力する

比較演算子をエクセルで表記する場合、下記となります。

「以上」の表記方法

セル「A1」の値が10以上を示す時、「以上」は「>=」と表記します。

A1>=10

「以下」の表記方法

セル「A1」の値が10以下を示す時、「以下」は「<=」と表記します。 A1<=10

「より大きい」の表記方法

セル「A1」の値が10より大きいを示す時、「より大きい」は「>」と表記します。

A1>10

「未満」の表記方法

セル「A1」の値が10未満を示す時、「未満」は「<」と表記します。 A1<10

「等しい」の表記方法

セル「A1」の値が10に等しいを示す時、「等しい」は「=」と表記します。

A1=10

「等しくない」の表記方法

セル「A1」の値が10に等しくないを示す時、「等しくない」は「<>」と表記します。

A1<>10






「以上」等の具体的な使い方

「以上」や「以下」等を実際にエクセルで利用する場合の具体的な使い方を解説します。

指定したセルが10以上なら「10以上」と表示する

下記の式は「A1」セルの値が10以上なら「10以上」と表示して、10未満なら空白を表示するIF関数の数式です。

=IF(A1>=10,”10以上”,””)

指定したセルの範囲で10以上のセルの数を数える

下記の式は、セル「A1からA12」の範囲に、10以上のセルが幾つあるか数えるCOUNTIF関数の数式です。

比較演算子を記述する場合、普通は「A1>=10」というように左右に数字かセル番号が書かれますが、下記の通り「”」で囲った「>=10」と記述すれば「10以上」と示すことができます。

=COUNTIF(A1:A12,”>=10″)

COUNTIF関数で「〇以上」且つ「〇以下」であるセルの数を数える

COUNTIF関数を使って「〇以上」且つ「〇以下」であるセルの数を数える場合、「-」(マイナス)でCOUNTIF関数同士を繋ぎます。

=COUNTIF(A1:A12,”>=4″)-COUNTIF(A1:A12,”<=10")

COUNTIFS関数で「〇以上」且つ「〇以下」であるセルの数を数える

複数の条件を指定できるCOUNTIFS関数を使って「〇以上」且つ「〇以下」であるセルの数を数える場合、下記の通りCOUNTIF関数よりも記述がシンプルとなります。

=COUNTIFS(A1:A12,”>=4″,A1:A12,”<=10")