仮想通貨の始め方と初心者におすすめのコイン【2022.8.29更新】

ゼロからのFX・株!投資入門

僕は、株もFXもやっていますが、投資の中でも仮想通貨は将来的に数千万円を稼ぎたいと思う方へ、とてもおすすめしたい投資です。

ビットコインがたった1コインで500万円していますが、僕がビットコインを知った頃には、1コインを2万円で買えました。2万円が数年後には500万円になる投資は、仮想通貨が最も可能性として高いと感じています。

では、実際に仮想通貨を始めるための手順と、初心者におすすめのコインをご紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨のランキングを知る方法

どの仮想通貨が人気なのかを知る方法として、CoinMarketCapというサイトの仮想通貨時価総額を見る方法があります。

この順位で人気度を確認できると共に、現在価格も確認できるので、人気があって安い仮想通貨はどれか検討する材料になります。

CoinMarketCap

自信持っておすすめできる仮想通貨取引所

仮想通貨は、仮想通貨取引所で売買できます。

仮想通貨取引所への登録も維持費も無料ですので、僕は国内で5取引所、海外で3取引所に登録して、それぞれの取引所の長所を活用しながら、仮想通貨を売買しています。なお、海外の仮想通貨取引所と言っても日本語表記のサイトやアプリなので、何の違和感も無く使いこなせます。

もっとも勧められる仮想通貨取引所は、「MEXC」、「BitBank(ビットバンク)」、「BINANCE(バイナンス)」です。

仮想通貨取引所への上場(取り扱い開始)には順序がある

まず知って欲しいことは、最初に上場(仮想通貨を取り扱い開始すること)した仮想通貨取引所では、上場した仮想通貨の価格が非常に安価であることです。

具体的に上場する仮想通貨取引所を順序でを表すと、下記のようになります。

  1. MEXC
  2. 最も早く上場して、安価な状態で仮想通貨を買うことができます。

  3. BINANCE(バイナンス)
  4. BINANCEに上場すると、MEXCで買った仮想通貨も数百倍から数万倍に値上がりする期待を持てるので、MEXCに上場したタイミングで仮想通貨を買っておくことが望ましいです。

  5. BitBank(ビットバンク)
  6. BitBankへ上場と言うより、海外の仮想通貨取引所であるMEXCやBINANCEへ上場した後に、国内仮想通貨取引所であるBitBankや、その他の国内仮想通貨取引所へ上場します。

ざっくりした価格のイメージでは、MEXCに上場した時点で0.000000001円であった仮想通貨が、BINANCE上場時には0.00001円まで上昇して、国内仮想通貨取引所上場時には0.1円という流れで1コインの価格が変化します。

MEXCなら最安値で草コインも買える

MEXCは、後述するBitget(ビットゲット)やBINANCE(バイナンス)よりも新たな作られた仮想通貨の取り扱い開始が最も早くて、Bitget(ビットゲット)やBINANCE(バイナンス)が取り扱う前の安い状態で仮想通貨が買えます

MEXCの口座を作って、これから注目を集めそうな非常に安いコインを大量買いしておけば、BINANCEで取り扱うことが確定しだい、直ぐにコインの価格が上がり始めます。

MEXCを見てみる

仮想通貨の定番BINANCE(バイナンス)も口座作成は必須

BINANCE(バイナンス)は、海外仮想通貨取引所として有名で、MEXCと共に、口座作成すべき仮想通貨取引所です。
MEXCの方で安い内にコインを売買して、BINANCEでそのコインの取り扱いが始まったらMEXCからBINANCEへコインを移動して、ステーキング(銀行で言えば定期貯金)します。MEXCよりBINANCEの方がステーキング対象コインが多く、更に利率も良いからです。

国内の仮想通貨取引所ならBitBank一択

MEXCとBINANCEは海外の仮想通貨取引所ですが、海外取引所で不安という方には、BitBank(ビットバンク)が売買手数料が安い点からおすすめです。

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があって、「取引所」は売買手数料が無い

実際にBitBank(ビットバンク)に口座作成すると、BitBank(ビットバンク)の中に「販売所」と「取引所」があります。

  • 販売所は仮想通貨取引所の業者から仮想通貨を買う所
  • CMで有名なコインチェック、そして、BitBank(ビットバンク)にも、それぞれ販売所があります。この販売所で仮想通貨を売買すると、仮想通貨取引所の業者に対して売買手数料0.1〜5.0%を支払います。

  • 取引所は世界中の人々が直接売買する所
  • 取引所はインターネットを経由して、仮想通貨を売りたい人と買いたい人の直接売買が行えることから、売買手数料が0%です。BitBank(ビットバンク)は取引所で多数の通貨を売買可能で、手数料0%の取引ができることから大変おすすめです。

国内は海外に比べて、取り扱う仮想通貨数が極端に少ない

コインチェック、とBitBank(ビットバンク)では取り扱う仮想通貨が異なりますが、何れも海外仮想通貨取引所に比べると、取り扱う仮想通貨の数が十何種類と極端に少ないです。

MEXCなら、1,000種類以上の仮想通貨を取り扱っており、欲しい仮想通貨はほとんど手に入ることから、MEXCBINANCE(バイナンス)の両者の口座作成は必須と感じます。

なお、国内仮想通貨取引所で買える通貨を無理して海外で買う必要は無いので、国内と海外の両者に口座を持つことを強くおすすめします

MEXCを見てみる
BINANCE(バイナンス)を見てみる
BitBank(ビットバンク)を見てみる

仮想通貨FXならXMtrading

XMtrading(エックスエムトレーディング)は、通貨(米ドル/円等)のFXで有名ですが、仮想通貨FXトレードも可能です。

通貨のFXは平日のみトレード可能ですが、仮想通貨FXなら24時間365日のトレードが可能です。FXトレードで使うMT4とMT5のトレードツールを使えば、仮想通貨FXの自動売買も可能です。

Bitgetは「ミラートレード」ができる

「仮想通貨は何を選んだら良い?」とか、「トレードでよくわからない」という方なら、断然Bitget(ビットゲット)の「ミラートレード」がおすすめです。これは、プロトレーダーがあなたの代わりに仮想通貨を取引して利益を出してもらうという仕組みで、あなたがやることは「入金と、期待できそうなプロトレーダー選び」だけです。トレードせずに勝手に利益が生まれてくるのです。(もちろん負ける場合もあり)

また、仮想通貨FXをやりたい人にも「BYBIT(バイビット)」はおすすめです。BYBITは手持ち資金が少額でも、50倍以上の仮想通貨取引できるのが特徴です。

普通の取引にはMEXCとBINANCE、少し欲張って一攫千金を狙うならBYBITと使い分けることが可能です。

BYBITを見てみる

BINANCE(バイナンス)がおすすめな理由

BINANCE(バイナンス)は海外の仮想通貨取引所ですが、日本語のアプリも存在しており、日本人にも大変人気です。勧められる理由は下記の通りです。

  • 購入できる仮想通貨の数が700を超える(日本の仮想通貨取引所だと10種類と少ない)
  • 手数料が全体的に安い
  • 口座開設はメールアドレス(Yahoo!メールアドレスやGmailアドレスでも可)のみで開設可能(仮想通貨取引所の口座は運転免許証等の本人確認が必要)
  • 【デメリット】日本円で直接入金できない

上記の通りデメリットに該当する「日本円で直接入金できない」ため、一旦、日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して、購入した仮想通貨をBINANCE(バイナンス)へ送金する必要があります。

BINANCE(バイナンス)へ送金するのに僕が勧めたい日本の仮想通貨取引所は「ビットバンク」です。理由は、仮想通貨を購入する時の手数料が最も安いからです。

従って、下記3つの仮想通貨取引所に口座を作ってから、仮想通貨を始めましょう。

MEXCを見てみる
BINANCE(バイナンス)を見てみる
BitBank(ビットバンク)を見てみる

ビットバンクからBINANCE(バイナンス)へ送金するまでの手順

ビットバンクからBINANCE(バイナンス)へ送金することで、BINANCE(バイナンス)で好きな仮想通貨を買うことができます。

  1. ビットバンクの口座へ入金する
  2. ビットバンクの「取引所」で指値(さしね)によってリップル(XRP)を買う
  3. ビットバンクのアプリでリップルを選択後、「出庫」をタップする
  4. BINANCE(バイナンス)のアプリから「入金」を選択する
  5. 入金の画面から「XRP」を選択する
  6. 「XRP入金アドレス」の右にある「アドレスをコピー」をタップしてアドレスをコピーする
  7. ビットバンクのアプリで「リップルアドレス」にコピーしたアドレスを貼り付ける
  8. ビットバンクのアプリで「出庫数量」は、手数料を引いた数量を入力する
  9. ビットバンクのアプリで「出庫先地域」は「日本国外」を選択して、「日本国外へ出庫する理由」は、例えば「海外の友人へ送金する」等と理由を入力して「次へ」をタップする
  10. 数分でBINANCE(バイナンス)への入金が完了する

BINANCE(バイナンス)には、リップル(XRP)という仮想通貨で入金されるのですが、実際に仮想通貨を買うには、リップル(XRP)を「ビットコイン(BTC)」か「バイナンスコイン(BNB)」に変換する必要がありますので、下記の手順を行います。

個人的には「バイナンスコイン(BNB)」に変換することをおすすめします。

  1. BINANCE(バイナンス)のアプリから「トレード」をタップする
  2. 画面上部に表示される「変換」をタップする
  3. 「振替元」をタップして「XRP」を選択、その下もタップして「BNB」を選択する
  4. 「振替元」の「最大」をタップすると、変換可能な金額が自動で入力される
  5. 画面下の「コンバートプレビュー」をタップする

上記手順で「バイナンスコイン(BNB)」が入金できるので、BNBで好きな仮想通貨を購入します。

BINANCEで買った通貨はステーキングで増やす

BINANCEで買った通貨は、銀行で言えば定期貯金のようにバイナンスへ通貨を預けて増やすことができます。ステーキングの詳細は下記の記事を参照してください。

仮想通貨で利子を稼ぐ!1日500円以上も利子が付いたステーキングの方法

仮想通貨初心者におすすめの仮想通貨コイン

仮想通貨を始めても、数千種類ある仮想通貨の中からどれを選べばよいか分からないと思いますので、僕のすすめる仮想通貨をご紹介します。

購入する仮想通貨のポイント

まず、購入する仮想通貨の選び方となるポイントは下記となります。

  • 最も重要なのは「将来性に信頼をおける」こと
  • 仮想通貨も多々ありますが、人気が出ないことには価格は上がりません。価格が上がる根拠となるのが「将来性に信頼がおける」ことで、これは「技術的に魅力があって、様々な企業が採用したり、ゲーム内の通貨に用いられる可能性が高い」ということです。

  • できるだけ安い価格の仮想通貨であること
  • もちろん将来性に信頼があるという前提となりますが、その中でも安い価格で買える仮想通貨がおすすめです。将来的に買った仮想通貨が例えば10倍の価格になったならば、自分が仮想通貨の口座へ入金したお金も10倍になるということです。すでに高額となったコインは10倍になるかわからないため、出来る限り安い価格の仮想通貨が理想的です。

ズバリ!おすすめの仮想通貨

今、おすすめできる仮想通貨は下記となります。

LUNC(Terra Classic)

LUNC(ルナシー)は、先日、大暴落を引き起こした「LUNA」の旧バージョンとなるため、現在はLUNAとLUNCの両者が存在しています。

元々、1コインで1万円もしたLUNAが、一晩にして0.01円以下に大暴落したのですが、大暴落したままだとLUNC運営会社も多大な損失を受けたままとなるため、復活に向けてコインの高値を狙っていると思われます。

価格が安い内にLUNCを例えば100万枚購入すると、LUNCが今後100円になった時には1億円を手にすることができます。

そもそも1コイン1万円していたコインだけあって、その技術力の高さは信頼性があります。

LUNCの現在価格を見る

なお、国内仮想通貨取引所では取り扱いが無いため、海外の仮想通貨取引所で買う必要があります。

MEXCを見てみる
BINANCE(バイナンス)を見てみる

SHIB(SHIBA INU)

柴犬と名付けられた仮想通貨なので、ジョークのようなコインという印象も持ちますが、技術的には認められており、世界一の取引所であるCOINBASEに上場(上場するということは技術的に認められている証拠)しているのです。

今現在は非常に安価なので、大量に購入するには適した時期です。

SHIBの現在価格を見る

なお、国内仮想通貨取引所では取り扱いが無いため、海外の仮想通貨取引所で買う必要があります。

MEXCを見てみる
BINANCE(バイナンス)を見てみる

SHIRYO(SHIRYO-INU)

現在価格は非常に安価で、3,000円で1兆枚以上買えます。

安価であるが故に、今後の上がり方しだいでは直ぐに億り人になれる可能性が高いです。

SHIRYOの現在価格を見る

なお、国内仮想通貨取引所では取り扱いが無いため、海外の仮想通貨取引所で買う必要があります。

MEXCを見てみる

IOST(アイオーエスティー)

この仮想通貨は技術的にも信頼でき、沢山買われている仮想通貨との提携するという情報もあります。将来的に価格が上昇する可能性は充分に期待しています。

IOSTの現在価格を見る

国内仮想通貨取引所だとコインチェックで取り扱われています。また、海外仮想通貨取引所でも取り扱われています。

コインチェックを見てみる
MEXCを見てみる
BINANCE(バイナンス)を見てみる

(まとめ)仮想通貨は長期間持ち続けて価格が上がるのを待つ!

あくまで僕のやり方ではありますが、仮想通貨は売買手数料も高く、数日や数ヶ月といった頻繁な仮想通貨の売買は行わないことがおすすめです。

1年から10年といった長期間保持して、価格が上昇してから売ることが理想です。

仮想通貨として最も有名なビットコインも、7年前に1万円で買った人が、7年後には45億円を手に入れたという話も聞いています。

仮想通貨の価格は激しく上下しますが、その上下する価格は楽観的に見ながら、長期的に価格上昇することに期待を抱くことで、良い結果が生まれると、僕は信じています。