ピン札・新札を用意する4つの方法!土日でも!両替用ATMもある!

ピン札・新札を用意する7つの方法!土日でも!両替用ATMもある!

特にサラリーマンの自分にとって、結婚式の出席準備として新札を揃えるのは、比較的ハードルが高いのが現実です。

よく嫁にお願いしてしまいますが、では、実際に新札を手に入れるにはどうしたらよいのか解説します。



ピン札・新札が必要となるシーン

実際にピン札・新札が必要となるのは「お祝い」の場面です。

最もスタンダードなのは「結婚式の御祝儀」です。

あとは、出産お祝い、入学お祝い、卒業お祝い等、お祝い事には欠かせません。

なお、めでたいタイミングであっても、お年玉に新札を使う必要はありません。

ピン札・新札を用意する4つの方法

僕も実際に経験した、新札に交換する方法を解説します。

銀行や郵便局の窓口で新札と交換する

スタンダードで確実な方法は、銀行や郵便局の窓口で新札に交換してもらうことです。

  • 銀行の窓口は平日の15時まで
  • 銀行の窓口は最近、数も減っています。さらに、銀行の窓口は15時で閉まります。

  • 郵便局の窓口は平日の16時まで
  • 郵便局は17時まで開いていますが、貯金関連業務は16時までとなります。

銀行内の両替機、ATMを使う

銀行内に両替機が設置されている場合、キャッシュカード等を利用することで、新札を引き出すことができます。

また、イオン銀行ATMのように、新札が出金できるATMもあるようです。

新札が取り出せるイオン銀行ATM

手数料が掛かる場合があります。
三井住友銀行

結婚式場で交換してもらう

結婚式で新札を利用する場合、結婚式場で新札に交換してくれるサービスがあります。事前に結婚式場へ電話で確認しましょう。

コンビニのATMで新札が出てくる事を期待する

確実な方法ではありませんが、コンビニのATMでも、新札または新札に近いお金が引き出せます。

ひとまず、お金が折れない財布やクリアファイル等をコンビニへ持参して、コンビニATMで出金してみましょう。

そこで新札が出ればラッキー、新札が出てこないなら、そのお札を他の方法で新札に交換しましょう。