ステンレス水筒洗い方!酸素系漂白剤の浸け置きですみずみまで綺麗に!

水筒の浸け置き荒い

僕は会社でステンレスボトルを使っています。

コンビニで買ったコーヒーをステンレスボトルに移し替えて、コーヒーの温かさを保っているのです。
ただ、カフェオレやコーヒーをボトルに入れて一週間利用し続けると、ボトルの内側、そしてフタの隙間が茶色くなりますよね。ボトルの内側は洗浄剤で綺麗にできますが、フタの細い隙間とかって、なかなか綺麗にできません。

なので今回、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)で浸け置き洗いにチャレンジしました。

洗浄前のステンレスボトル

ステンレスボトルの洗浄前

カフェオレを毎日飲むので、その汚れがステンレスボトルの内側にこびりついています。

ステンレス水筒 各部品の汚れ

ステンレスボトルの中だけでなく、フタの部品にも汚れが付着しています。これって、洗いづらいんですよね。






水筒の洗浄に「パックス 酸素系漂白剤」を使った

水筒の浸け置き荒い

今回、「パックス 酸素系漂白剤」を使いました。

ステンレスボトルの洗浄手順

1)40度のお湯に浸す

ステンレス水筒をお湯に浸ける

今回は大きめのボールを利用しました。ステンレスボトル全体がお湯に浸るよう、40度のお湯を入れました。

2)大さじ2杯程度の酸素系漂白剤を計る

酸素系漂白剤を入れる

大さじ2杯(コンビニでもらえるスプーンで2杯)、今回利用した「パックス 酸素系漂白剤」のフタに半分くらい酸素系漂白剤を入れます。

3)お湯を張ったボールに酸素系漂白剤を入れる

酸素系漂白剤をお湯に入れる

大さじ2杯の酸素系漂白剤を入れると、発泡が始まります。

ステンレスボトルの洗浄中

4)一晩置くと汚れはほとんど自然とはがれる

ステンレスボトル洗浄後

ボトル入り口の汚れはほとんど落ちています。若干残っている茶色は、スポンジで簡単に落ちます。
ボトルの内側に茶色い箇所が見えます。これは、ボトルを横に入れていたので空気が入り、漂白剤が浸かっていなかった部分になります。なので、ボトルだけ立てて、その中にお湯と酸素系漂白剤を入れて洗浄することをお勧めします。

ステンレスボトルのフタ部品

ステンレスボトルの細かい部品も綺麗になりました!
ポットを洗浄する洗剤も良いですが、細かい部品まで洗うのなら、この酸素系漂白剤に浸け置きする洗い方をおすすめします。







酸素系漂白剤には、いくつかの製品があります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする