CentOSサーバを自動で再起動する方法!クーロン設定をさくらVPSで実践してみた

Linuxロゴ

毎週に1回等、指定した日時、もしくは指定した日数間隔でサーバを再起動したい場合の設定方法を解説します。



自動で再起動する設定のポイント

LinuxOSのサーバで指定した時刻や間隔で指定のジョブを起動する場合は、クーロンを使います。実際のクーロン設定方法について解説します。

再起動はコマンドをcron(クーロン)で自動実行させる

自分が起動したい処理を自動実行できるcron(クーロン)で、再起動コマンドを指定の時刻に自動実行させます。

定期的な再起動はメモリ不足の解消につながる

基本的に、システムを起動しつづけても問題は無いが、システムを毎日再起動することによって、使われているメモリを一旦綺麗にできます。システムが快適に動く上で、メモリが綺麗な方がいいので、気になる方は毎日再起動してみましょう。






cron(クーロン)とは?

Windowsで言うと「タスクスケジューラ」に該当するLinuxの機能がcron(クーロン)です。
起動する時刻や曜日、日にち等を自由に設定できます。

CentOSサーバを自動で再起動設定する手順

1)cronに再起動コマンドを登録する

以下のコマンドを入力します。

# crontab -e

2)vi(ブイアイ)エディタが起動される

viエディタとは、「Linuxコマンドを入力する画面上でテキスト編集ができるエディタ」です。簡単に、viエディタによるテキスト編集の方法を解説します。

  • 「i」(アイ)を押すと入力モードに変わる
  • 「i」の入力モードで[esc]キーを押すと編集モードに変わる
  • 入力した文字を保存して終了するときは「:」(コロン)入力後、「wq」(ダブル・キュー)を押す
  • 保存しないで終了したいなら「:」入力後、「q!」(キュー・びっくりマーク)を押す

実行内容の書き方

これでviが起動するので、下記のような書き方で入力します。

30 5 * * * reboot

これで、朝5:30にサーバーが再起動します。記述ルールは、下記の順番です。

分 時 日 月 曜日 コマンド

曜日の書き方

曜日で設定したい場合は、下記の通り曜日を数字に置き換えた上で記述します。

  • 日曜は「 0 」を設定
  • 月曜は「 1 」を設定
  • 火曜は「 2 」を設定
  • 水曜は「 3 」を設定
  • 木曜は「 4 」を設定
  • 金曜は「 5 」を設定
  • 土曜は「 6 」を設定