PR

LInuxコマンド viエディタの使い方(ブイアイエディタ)

Linuxコマンド使い方・活用術
記事内に広告が含まれています。

Linux、SunOS等で使える非常に操作が軽いviエディタ(ブイアイエディタ)の操作方法を使用頻度の高い順にまとめました。
また、初心者向けとして、記事の下の方に「viエディタとは?」の解説もあります。

スポンサーリンク

viエディタの操作方法

viエディタで編集する際の操作手順を解説します。

文字列検索

/検索文字列 前方検索
「 / 」を入力してから検索したい文字列を入力
テキストの下方に向かって検索

?検索文字列 後方検索
「 ? 」を入力してから検索したい文字列を入力
テキストの上方に向かって検索

n 次の候補
「 / 」で初回の検索したあと、同じ文字列で繰り返し検索
テキストの下方に向かって繰り返し検索

「 N 」キー 前の候補
*「 N 」の入力はshiftキーを押しながら「 n 」キー
「 / 」で初回の検索したあと、同じ文字列で繰り返し検索
テキストの上方に向かって検索

カーソルの移動

「 h 」キー または 「 ← 」キー 左に移動
「 j 」キー または 「 ↓ 」キー 上に移動
「 k 」キー または 「 ↑ 」キー 下に移動
「l」キー または 「→」キー 右に移動

「1」+「G」キー文頭へ
「 G 」キー 文末へ移動
*「 G 」の入力はshiftキーを押しながら「 g 」キー

nnG nn行目へ

ctrl + f 次画面へ
ctrl + b 前画面へ

「 0 」キー 行頭へ移動
「 $ 」キー 行末へ移動
[Enter]キー 次の行の先頭へ移動
「 w 」キー 次の単語へ
「 b 」キー 前の単語へ

viコマンドでテキストファイルを開く(起動方法)

# vi ファイル名

(コマンド実行例)
install.logというテキストファイルのあるディレクトリで、install.logを開く。
# vi install.log

モードの切替

viエディタには「編集モード」と「コマンド入力モード」の2つのモードを切替ながら使用します。

  • 編集モード
  • 1行削除、1文字削除といった操作をするモードです。文字入力はできません。

  • コマンド入力モード
  • 文字を入力したり、文字列検索したりできます。


スポンサーリンク



viエディタとは?

LInuxコマンド入力画面

Linuxでは、上の画面のようにコマンド入力でシステムを操作できます。
この入力画面上でテキストファイルを編集できるのが「viエディタ」です。

具体的なviエディタの使い方は、以下のような流れです。

viエディタでinstall.log(インストールログ)というテキストファイルを開いたところ

# ls
install.log

lsコマンド(そのディレクトリにどんなファイルがあるか表示)を入力すると「install.log」というファイルがあります。これはテキストファイルなので、viコマンドでこのテキストファイルを開きます。

# vi install.log

このコマンドで、コマンド入力画面上に下のような編集画面が表示されます。

viエディタでインストールログというテキストファイルを開いたところ