アドセンス広告を掲載したらアドセンス狩り対策を忘れない!

「アドセンス狩り」という言葉をご存知でしょうか。

アドセンス広告を自分サイトやブログに掲載しはじめたら、まずはやっておきたいことのひとつです。アドセンス狩りの意味、そして対策についてまとめました。



そもそも「アドセンス狩り」とは?

「アドセンス狩り」とは、「アドセンス広告を掲載したサイト管理者を困らせるために、そのブログがGoogleの規約違反となる行為を悪い人が行う」ことです。この行為によって、Googleが広告配信を停止し、そのサイト管理者が収入を得られなくなるというものです。

アドセンス初心者にはわかりづらいかも知れませんが、具体的には以下が挙げられます。

Googleの規約違反となるサイトへ勝手に他人のアドセンス広告コードを貼り付ける

アドセンス広告を掲載したサイトからアドセンスの広告コードだけをコピーして、Googleの規約違反となるサイトにその広告コードを貼り付けます。

他人のサイトに表示されるアドセンス広告を何度もクリックしてGoogleに不正行為と認識させる

アドセンスのひとつの広告を集中的に何度もクリックすることで、Googleから「不正な広告収入を目的としたクリック」を判断させます。

アドセンス狩りへの対策は、AdSenseヘルプにも記載がある

以下のページにアドセンス狩りに対する対策がまとめられています。






具体的な「アドセンス狩り」対策

実際に行った「アドセンス狩り」対策は、自分のアドセンス広告コードを不正に他サイトで利用させないようにするための対策です。

アドセンスの管理画面へアクセス

Googleアドセンス管理画面

アドセンスホーム画面の右上から「設定」を選択

画面左のメニューから「アクセスと認証」→「サイトの認証」を選択後、「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェックを付ける

自分のアドセンス広告を許可したいURLを入力。この際、「http://」は入力不要で、複数サイトある場合は、1URL入力したらリターンして、1URLが1行ずつになるよう入力する

後日、アドセンス狩りの効果を確認するできごとが!

アドセンス狩り対策の効果

アドセンス狩り対策を打った一ヶ月後、アドセンス収益が確認できるiPhoneアプリにワーニングが出ていたので確認したところ、自分のサイト以外で自分のアドセンス広告コードが不正に使われていることを示すコメントが確認できました。

アクセス数が増えることで、そのような悪意を持った人間の目に触れるようになり、結果、このような行為が行われるということを改めて認識しました。