SubversionのTortoiseSVNで新規登録時に405 Method Not Allowdとなる原因と対処方法

TortoiseSVNで新規登録時に405 Method Not Allowdとなる原因と対処方法

Subversionで「405 Method Not Allowd」というエラーが表示されることがあります。この原因と対処方法を解説します。



Subversionのエラー内容

Commit failed (details follow):
MKCOL request on
‘/svn/trunk/xxxx’★日本語ファイル名
failed: 405 Method Not Allowed

405 Method Not Allowdのエラー原因

アップロードしようとするフォルダが、既に他の人によってアップロードされているためです。

Subversionは常に最新版の状態を保つことを目的としたツールであるため、他の人が更新した内容が消えないよう、あなたが更新したファイルで上書きしないようエラーを出力します。

従って、自分が更新したファイルでSubversionの中に格納されているファイルを更新することはできません。

405 Method Not Allowdの対処方法

下記の手順で対処します。

自分のパソコンに保存されるファイルを別フォルダへ移動

自分のパソコンに保存されているローカルフォルダのファイルを、自分のパソコンの別フォルダへ移動します。これは、自分が更新したファイルをバックアップする意味を持ちます。

自分のパソコンのフォルダでSubversionのUpdate(更新)を行う

Updateで、自分のパソコンに保存されているローカルフォルダのファイルを更新します。

これで、Subversionにアップロードされている最新のフォルダやファイルが、自分のパソコンのローカルフォルダにダウンロードされます。

最新版のファイルを更新してから、Subversionへアップロードする

自分が更新したい内容を最新のファイルへ反映して、改めてSubversionへアップロードします。






405 Method Not Allowdのエラーを出さないための対応

Subversionでは、TortoiseSVNで直接ファイルを編集するようにします。

この時、「ファイルに使用中のロック」を掛けるようにします。ロックを掛けることで、同時に別々の更新を行うというミスが無くなります。

TortoiseSVNによるロック方法は、下記リンクを確認してください。