MySQLを自動起動設定にするコマンドの使い方(chkconfig)

MySQLを自動起動設定にするコマンド(chkconfig)

OSを起動したとき、MySQLを自動で起動するよう設定するコマンド「chkconfig」を解説します。



MySQLを自動起動設定にする手順

MySQLの自動起動が設定されているか確認後、設定されていない場合、chkconfigコマンドで「自動起動設定をオン」にする手順です。

1)MySQLの自動起動設定の状況を確認

chkconfig –list mysqld

コマンド実行例

# chkconfig –list mysqld
mysqld 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

*表示された0から6まですべてが「off」なので、「自動起動設定はオフ」の状態です。

2)MySQLを自動起動に設定

# chkconfig mysqld on

3)MySQLの自動起動設定の状況を再確認

# chkconfig –list mysqld
mysqld 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

*表示された2から5まが「on」なので、「自動起動設定はオン」の状態です。

MySQLを自動起動した後にOSを再起動した起動時の例

ntpd を起動中: [ OK ]
mysqld を起動中: [ OK ]
postfix を起動中: [ OK ]
abrt デーモンを起動中: [ OK ]
httpd を起動中: [ OK ]
crond を起動中: [ OK ]
atd を起動中: [ OK ]

CentOS release
Kernel 2.6.32-696.30.1.el6.x86_64 on an x86_64

login:

*上記の通り、OS起動メッセージに「mysqld を起動中: [ OK ]」が表示されれば、MySQLが自動起動されています。






MySQLを自動起動しない設定にする手順

前述の設定とは逆の「自動起動しない」」設定にする手順です。

1)MySQLを自動起動しないに設定

# chkconfig mysqld off

2)MySQLの自動起動設定の状況を確認

chkconfig –list mysqld

コマンド実行例

# chkconfig –list mysqld
mysqld 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

*表示された0から6まですべてが「off」なので、「自動起動設定はオフ」の状態です。