平成31年度から新元号「令和」への年度変更の考え方(未確定な結論)

元号が変わるタイミングが「年の途中」であることから、元号の表記は、新元号となる前日までは「旧元号○○年」で、新元号となった日から「新元号元年」ですが、「年度」の切り替わりをどう判断するか難しいところです。

コンピューターシステムでは、この「年度の切り替わり」に関する決めごとがないと、プログラムが変更できなくなります。

平成31年度から新元号「令和」への年度変更の考え方について、ネットで確認した結果を解説します。



「年度」(ねんど)とは?

「年度」とは、4月1日が初日で翌年3月31日までの1年間を言います。

(例)
2018年度は、「2018年4月1日から2019年3月31日」を示す。

新元号「令和」の「令和元年度」の考え方(未結論)

仕事上、平成31年度と令和元年度の境目が知りたくて、ネットで調べましたがよくわかりませんでした。

確実な情報のみ備忘録で記載します。

2019年4月1日から4月30日までは、確実に平成31年度である

2019年4月1日から平成31年度となります。
元号法により、令和の元号となる2019年5月1日以降からでないと「令和」という元号名を利用できないことから、「2019年4月1日から4月30日までは、確実に平成31年度である」のことが言えます。

(未確定な結論)2019年4月1日から2020年3月31まで「平成31年度」

ネット上で確認する限り、「混乱を招くため、途中で年度の元号は変わらない」という結論が有力と判断しました。

2019年4月1日から2020年3月31まで「平成31年度」

2020年4月1日から2021年3月31まで「令和2年度」

※「令和元年度」または「令和1年度」は存在しない。