最も安い手数料で国内から海外仮想通貨業者へ送金する方法

ゼロからのFX・株!投資入門
スポンサーリンク

仮想通貨が売買できる業者は国内と海外があります。

海外の仮想通貨業者へは日本円で直接入金できず、国内の仮想通貨業者で仮想通貨を買ってから海外の仮想通貨業者へ送金するしか手段が無い場合があります。仮に、クレジットカードで日本円の入金ができたとしても、手数料が異常に高額です。

当記事では、最も安い手数料で国内から海外仮想通貨業者へ送金する方法を具体的に解説します。

国内仮想通貨業者で最も手数料の安いビットバンクで仮想通貨を買う

国内仮想通貨業者のCMはよく見掛けますが、もっとも重視するべき点は「売買手数料」です。

売買手数料は業者によって大きく異なるため、大きく儲けても多くの手数料を取られては意味がないからです。

また、国内仮想通貨業者の「コイン取り扱いの数」が比較されていますが、国内仮想通貨業者のコイン取り扱い数はせいぜい10〜20種類で、海外仮想通貨業者の数百種類には到底及びません。

結果、最も安い手数料で通貨をビットバンクで買った後、海外仮想通貨業者へ送金することがベストと考えます。

bitbank(ビットバンク)

日本人にも大人気の海外仮想通貨業者

「国内から海外仮想通貨業者へ送金する方法」を解説する前に、日本人にも有名で大人気の海外仮想通貨業者をご紹介します。

2業者共に日本語のホームページとアプリで使い易く、安全にトレードが可能です。私も実際に利用しています。

なお、2業者の特徴もとれぞれなので、2業者ともに口座開設しましょう。口座を作ったまま放置しても手数料が掛からず、全く問題ないからです。

100種類以上の仮想通貨が売買できて、高額な利子も受け取れる「バイナンス」

100種類以上の仮想通貨の売買ができます。従って、仮想通貨の中では有名なコインも買う事ができます。(国内の仮想通貨業者では買えないコインが多い)

また、ステーキング(貸仮想通貨)と言って、銀行で言う定期預金のような仕組みを使うと、利率の高さから毎日高額な利子を得ることができます。実際に僕のステーキングでは、トップ画像にある通り、CAKE(パンケーキスワップ)というコインの利率が年率40%を超えており、1日600円程度の利子を仮想通貨で受け取っています。この利子だけで年間20万円程になりますし、コインの価値が上がればもっと高額な利子になります。

Binance(バイナンス)

レバレッジ100倍の仮想通貨トレードができる「バイビット」

ビットコインやイーサリアム等、高額なコインのトレードも安い証拠金で買うことができるレバレッジ100倍の仮想通貨トレードが可能です。

BYBIT(バイビット)

国内から海外仮想通貨業者へ送金する手順

最安の手数料で海外か創業者へ送金するポイントはビットバンクの「取引所」(販売f所と2つあるので注意)で「指値(さしね)」でXRP(リップル)を買うことです。海外からビットバンクに送金して日本円に替える時も同様です。

ビットバンクへ日本円を入金(振込む)する

ビットバンクに日本円を入金します。
この時、海外で買いたい通貨の価格+送金手数料の考慮が必要です。

ビットバンクの「取引所」で「指値(さしね)」によってXRP(リップル)を買う

ビットバンクのアプリを開くと「販売所」と「取引所」がありますので、必ず「取引所」を使います。これは売買手数料が大幅に変わるからです。そして必ず「指値」に設定して、満額で「買い」をタップします。

送金先であるバイナンス、またはBYBITからXRPの送金先アドレスをコピーする

送金先であるバイナンス、またはBYBITに「入金」とありますので、そこから「XRP」を選択して、表示される送金先アドレスをコピーします。

ビットバンクのXRPを「出金」で送金先へ送信する

今度はビットバンク側で「出金」メニューを表示して、先ほどコピーした送金先アドレスをペーストして送金します。

XRPを受け取った海外仮想通貨業者で買いたいコインをXRPで買う

数分から数時間の間にXRPが海外仮想送金所に着金します。
この着金したXRPで本来買いたかった通貨を買い求めます。