お風呂のタイルに貼ったシールを剥がす方法

お風呂のタイルに貼ったシールを剥がす

上の画像は、実際に我が家のお風呂場に取り付けてあったタオル掛けのシールを剥がしているところです。意外に簡単な方法でタイルに貼られたシールをはがすことができるのでご紹介します。



タイルのシールを剥がす手順

実際にシールを剥がすまでの手順を解説します。

実際にお風呂場のタイルに貼られたシール

実際にお風呂場のタイルに貼られたシール

以前取り付けたタオル掛けが壊れてしまい、タイルに貼られたシールを剥がそうとしても、この状態にするまでが限界でした。

タイルには、透明なシールが隙間無く貼られているので、板状のもので剥がそうとしましたが、上手くいきませんでした。

シールを剥がすには、沸騰したお湯を掛ける

シールに沸騰したお湯をかけてシールを剥がす

実は、沸騰したお湯を写真のようにシールに掛けることで、シールの粘着力が一時的に弱まり、粘着力が弱まっている間に、手でシールを剥がすことができます。

他の方法では、ドライヤーで熱風を掛けるという手もあります。






手、もしくは板状の物でシールを剥がす

シールをプラスチックの板で剥がす

まだ、シールが熱い内に、手、または板状の物でシールを剥がします。

結果、綺麗にシールは剥がれました

タイルのシールをはがした跡

左側にシールの跡は残っていますが、シール自体は綺麗に剥がすことができました。

(まとめ)車に貼られたシールやステッカーもこの手が使える

車のガラスやボディに貼られたシールも、熱湯を掛けるか、熱湯が掛けれないならドライヤーで熱っすることで、シールを剥がすことはできます。

熱湯や熱風を掛ける前に、シール以外の部分に影響がでないか注意が必要

例えば、車のダッシュボードに貼られたシールなら熱湯は無理なので、ドライヤーで熱風を掛ける必要はありますが、その熱風でダッシュボードが変色したり、変形しないよう注意が必要です。