iPhoneがフリーズしたとき3つの直し方!電源切れなくてもすぐ直る!

ホームボタンと電源ボタンでiPhoneをリセット

以前、子どもが「iPhoneの画面が真っ暗なままで、どのボタン押しても動かない」と言ってきましたが、なんてことない、僕は一発で直しました。実は、iPhoneがフリーズしても意外に簡単に直ります。



iPhoneX以降のiPhoneがフリーズしたときのリセット方法

iPhoneX以降のiPhoneを強制再起動する方法、もしくは充電は充分な筈なのに画面が真っ黒なままな状態である時の対処方法です。

iPhoneを強制再起動する

iPhoneX以降のiPhoneが動作しなくなった場合、強制再起動を試してみます。

強制再起動の手順は下記の通りです。

  1. 音量を上げるボタンを押し、すぐ放す
  2. 音量を下げるボタンを押し、すぐ放す
  3. 電源が切れるまでサイドボタンを押し続ける

通常モードからサイレントモードに切り替えた後、電源ボタンを押す

正規の方法か不明ですが、先日、知り合いのiPhoneXSが70%充電済みな状態で画面が真っ黒な状態になった時、実際に治した方法です。

この時、前述の強制再起動が効かず、試しに下記の手順を実施してみたところ、治すことができました。

  1. 本体左側の一番上にあるサイレントスイッチを「通常モード」から「サイレントモード」(赤い表示に変わる)へ切り替える
  2. 本体右側にある電源ボタンをしばらく押し続ける

iPhone8以前のiPhoneがフリーズしたときのリセット方法

大抵は、一番目に紹介する方法で治ります。

iPhoneを強制再起動する

ホームボタンと電源ボタンでiPhoneをリセット

上の画像はiPhone4Sなので電源ボタンは上にあります。

電源ボタンとホームボタンを同時に10秒間押し続けることで、iPhoneは強制再起動します。

iPhoneがフリーズ、もしくはアプリ起動したけど画面が真っ暗なまま等、異常な症状が出た場合、iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に10秒程度押し続けると自動で再起動が掛かって、再起動後に正常な状態に戻ります。

再起動が掛からず画面が真っ暗な場合、電源が落ちた状態になっている可能性もあるので、改めて電源ボタンだけ押してみましょう。






アプリケーションをリセットする

スライドで電源オフ

iPhone本体は問題ないが、アプリがフリーズしている場合は、アプリケーションリセットを実行します。

  1. リセットするアプリを起動状態にする
  2. 電源ボタンを長押しして「電源オフ」を表示させたら、電源ボタンから離す
  3. 「スライドで電源オフ」が表示された状態でホームボタンを長押しする
  4. ホーム画面が表示されたらホームボタンから離す
  5. アプリケーションリセットが完了






他のアプリを終了させる

iPhoneのアプリを終了させる

アプリの動きが遅い場合、一度に多くのアプリを起動しっぱなしにしているのが原因となる可能性があります。なので、必要なアプリ以外は終了させましょう。

1)ホームボタンをダブルクリックして、下のような画面にする

アプリを終了するためにダブルクリック

2)終了させたいアプリ画面を上へスライドさせる

アプリを終了させるために上へスライドさせる

3)アプリが終了

アプリ画面が無くなれば、すべてのアプリが終了しています。