ブログ記事内のHTMLタグや「https」のURLを文字列として表示する方法

ブログ記事内のHTMLタグや「https」のURLを文字列として表示する方法

ブログ記事の中に、HTML文の説明でHTMLタグで書くと、ブログに表示されません。なぜなら、ブログは「HTMLのタグ」として認識するからです。「https://○○.com」の表記もリンクとして認識されるので、文字列としては表示されません。

これらを文字列としてブログ記事に表示する方法を解説します。

<code>というHTMLタグを使う

<code>というタグは、「これは文字列です」と認識させるHTMLタグです。

URLに対する使い方

<code>https://</code>○○.com

https://のみタグで囲ってあげれば、URLとしては認識されず、文字列としてブログ記事に表示されます。

HTMLタグに対する使い方

例えば、<strong>というHTMLタグをそのまま使うと太文字になります。

太文字

ここで<strong>を文字列に変えて表示します。

変え方は

先頭の「 < 」だけを、

<code><</code>

と「<code>」で囲うだけです。

<strong>太文字</strong>

上記の通り、HTMLタグも表示されました。

注意事項は、以下の通り、始まりタグと終わりのタグ共に<code>で囲います。

<strong>

</strong>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする