阪神淡路大震災から学ぶ「通電火災」の怖さ 家庭でも簡単にできる防災

消火栓 防災グッズ

みなさんは「通電火災」(つうでんかさい)という言葉をご存知でしょうか。

「通電火災」とは、「大震災等での停電後、停電から復旧したときに、通電したストーブから燃え広がるという火災」を言います。原因はストーブだけでなく、銅線がむき出しになった家の配線から漏電して発生するケース等、様々なようです。

この「通電火災」の怖さ、そしてその対策を見て行きましょう。



「通電火災」の怖さがわかったのは阪神淡路大震災

みなさんもニュース映像で記憶に残っているでしょうが、阪神淡路大震災では次から次へと火災が発生していました。その多くの原因とされたのが通電火災なのです。

通電火災の原因を探ろう!

通電火災は、地震によって部屋の状態がぐちゃぐちゃになった状態で通電したときに発生する火災です。意外に気づかない電化製品が原因になる場合があります。

電気ストーブの上に洗濯物が落ちる

電気ストーブの上に、洗濯物等の可燃物が落ちてしまうと、停電が解消して通電した時に引火する可能性があります。

熱帯魚用のヒーターが外に飛び出て、じゅうたんの上に落ちる

熱帯魚には、水温を保つためのヒーターが必須アイテムです。

このヒーターが地震によって水槽から外に飛び出し、停電が解消して通電すると、燃え易い物へ引火する可能性があります。

炊飯器が落ちたとき、炊飯スイッチが入って炊飯器の熱が可燃物に引火する

炊飯器が地震で床に落ちて、停電が解消して通電した時に炊飯しようとする熱で可燃物に引火する可能性があります。

地震で落下した物が電源ケーブルを傷つけてショートした火花で引火する

電化製品の電源ケーブルに物が落下して傷つけると、場合によってはショートして火花が散ることもあります。

では、家庭で安価にできる通電火災対策とは?

通電火災に対応した分電盤もあるそうですが、数万円以上と効果である点、そして後から分電盤を交換することに抵抗を感じる点からほとんど普及していないようです。ただ、家庭でも簡単、且つ安価にできる対策グッズはあります。

この装置は非常に単純な仕組みで、ブレーカーのスイッチをオモリの玉で切断するというもの。普段は画像の通りオモリがスイッチを引っ張らない状態となっており、いざ地震が発生すると揺れでオモリが下に落ちて、同時にスイッチを下に引っ張って電源を遮断するというものです。



created by Rinker
センチュリー
¥2,800 (2020/07/08 00:37:10時点 Amazon調べ-詳細)

3千円程度で対策できる通電火災対策グッズ

下の動画で紹介する装置は3千円程度と手軽に購入できる通電火災対策グッズです。

(まとめ)通電火災の予防は意外に盲点となっていないか

通電火災という言葉自体、あまり世の中に浸透していない気がしています。

しかし、震災で家の崩壊を免れたとしても、通電火災によって我が家を失うことは、精神的にも経済的にも大きなダメージとなります。ぜひ、阪神淡路大震災の教訓を活かして、早急に通電火災への対策を行いましょう。