お香典金額別のお香典返し相場一覧!親戚、会社関係、友人お香典返しの礼儀

会社勤めをしていると、年に数回は会社関係の訃報が流れており、その度にお通夜や葬儀への参列、もしくは課内でお香典を取りまとめています。

一生の内に自分がお香典返しする立場になることも数えるほどしか無いので、お返しするお相手毎のお香典返しの金額相場をまとめてみました。




僕が会社で仕事を共にした知り合いの葬儀には幾らの香典か?

僕は大企業に勤めているので、会社で同じ部署に居たり、一緒に仕事を共にした方の親族、もしくはご本人の葬儀には数多く参列しています。僕が実際にお香典に関してどのようにしているか解説します。

会社で関係して方へのお香典金額相場

会社の方のお香典は、下記で統一しています。

  • 葬儀に参列する時のお香典の金額は3,000円
  • 課内で取りまとめて一括で渡すお香典は1〜3,000円
  • 常識であるが、お香典に使う紙幣は古札(使い古しのお札)

お香典の金額を3,000円とする理由

亡くなられた方のご親族からお香典返しを戴くのが通例です。
お香典返しは「半返し」と良く聞くので、3,000円のお香典であれば、ご親族からは1,500円の香典返しを戴くことになります。

「会社関係の方へのお香典返しが恐らく1,500円」と想定しており、香典返しの金額がご親族に負担とならないよう3,000円としています。

お香典返しに適した品物

お返しするお相手には、好みがあるのと、お香典の金額とのバランスもあります。僕が今までお香典返しで戴いて良かったと感じたものを挙げてみます。

カタログギフト

お香典の金額が多額では無いため、さほどの金額のカタログギフトを戴いたことは無いですが、やはりカタログギフトは自分で好きなものを選べるので良かったです。

子どもが欲しいおもちゃを選んだり、買う程でも無いけどちょっと欲しいなと思っていたものが貰えたからです。

今治のタオル

日本一のタオルの生産地である愛媛県今治市(いまばりし)のタオルは、非常に肌触りが良く、長く愛用できます。タオルをお返しにするのであれば、今治タオルであるなら間違いありません。

日本茶

日本茶が苦手という人は聞いたことはありませんが、カフェインが苦手でなければ喜ばれる一品だと思います。

スターバックスのドリップコーヒー

コーヒーは好みがありますが、僕のようにコーヒー好きなら、スターバックスのコーヒーはテンション上がります。さらに、1杯ずつドリップできるタイプなら、ご家族で楽しんでもらえます。

おせんべい、クッキー

食の好みに左右されにくいお菓子といえばおせんべい、クッキーになると思います。小さく持ち運び易いので、お香典を連名で戴いた方々へのお返しには良いと思います。

お香典の金額別のお香典返し相場一覧

お香典返しのお相手に応じた「お香典返し相場」をまとめてみました。

会社の連名でお香典を戴いた方(お香典1〜3,000円想定)

会社の庶務さんに課内、関係部署からのお香典を取りまとめてもらって、代表者がお通夜またはお葬式に参列するケースです。

お香典返し:500円〜1,000円

タオルで有名な「今治(いまばり)」のタオルが、最も好みに左右されないお返しになると思います。また、コーヒー好きな方と分かっていれば、スターバックスのコーヒーなら必ず喜ばれるはずです。

まとめ買いの場合、ある程度の金額以上は送料無料となるショップを選びましょう。

会社の同僚、上司で参列頂いた方(お香典3〜5,000円想定)

課内や関係部署のとりまとめではなく、個別に親しい同僚や部下であるケースです。

お香典返し:1,500円〜2,500円

無難なタオルの他、カタログギフトも充実してくる価格帯です。スターバックスのコーヒーもこの価格帯ではバリエーションが豊富になります。

学生時代の親しい友人(お香典3〜5,000円想定)

高校、大学から長年の付き合いがある親しい友人のケースです。

お香典返し:2,500円

学生時代からの親しい友人だと、遠方から来てもらうこともあり、僕は統一的に2,500円のカタログギフトをお返しするようにしています。

親戚、いとこ等の身内(お香典1〜30,000円想定)

自分の親、兄弟、奥さんや子どもが亡くなった時、自分の叔父や叔母、いとこからお香典を戴いたケースです。

お香典返し:3,000円〜15,000円

親戚やいとこのお香典は高額ですが、僕の母が亡くなった際、母の兄弟と父の兄弟には、気持ちとして3分の1の金額を目処にお返しをしました。

お香典返しを横断的に検索!親族なら海産物を贈る手も

上記に希望の品が無かったら、下記で各通販サイトを横断的に検索してみてください。

僕は、母が亡くなった時に集まった親族が西日本の方だったので、当時の築地市場から新鮮なウニ等を贈りました。親族であれば、「一般的なお香典返し」に拘らず、海産物なども喜ばれると思います。