なぜ、レコードはCDより音が良いと言われるのか。

レコードプレーヤー

レコードはCDより音が良いとネット上でも聞きますし、僕も同じことを思っています。

逆にCDの方が音が良いのに、「なぜおじさん、おばさんはレコードの音が良いというのか」、というネットの書き込みを見て、確かにと納得したこともあります。

矛盾に聞こえるでしょうが、音が良いの意味が双方に違っていて、その双方の意味は納得できる内容だからです。

CDが音が良いと言うのは音がクリアだから

レコードは様々な小さいノイズ、雑音が音楽と一緒に聴こえてきます。

CDは雑音がほとんどなく、音楽がクリアに聴こえます。その観点での比較なら、CDの音が良いと言う話も納得できます。CDから音楽を聴き始めた人なら、レコードの音がこもった、雑音だらけに聴こえてくるのも理解できます。

それでもCDよりレコードの方が音が良いと言えるのか

僕が「音楽はレコードで聴いて欲しい」と主張する理由は、「実際にレコードを聴く」ことで納得を得られると思いますが、全く同じCDとレコードのアルバムを同時にかけて、切り替えながらCDとレコードを切り替えながら聴き比べた率直な感想を解説します。

レコードの音は立体感がある

同じ音楽アルバムのレコードとCDを同時に再生しながら同じスピーカーで切り替えながら聴くとはっきり感じ取れます。

  • CDの音はスピーカーの所で平面に聴こえる
  • レコードの音はスピーカーの所で立体的に聴こえる

スピーカーを目の前にしてレコードを聴いていると、ボーカルが前面に立って歌唱して、ドラムは奥でスティックを振りかざしているという「奥行き」を感じ取ることができます。

まるで自分の目の前でバンドが演奏してくれているような感覚です。

CDやYouTube等のデジタル音源だと、そのような感覚は感じ取れません。

恐らくCDは、「こちらから聴こえてくる」という生の音にある「方向感」が失われていると思われます。

レコードの方が生の音に近い

CDは「人間の聴こえない周波数の音をカットして収録」しています。

それだけ聞くと「聴こえない音をカットしなくとも、どのみち聴こえないのだから、CDモレコードも音は変わらない」と考える人が多勢かも知れません。

それでも、「生の音からカットされている」ことは、明らかにCDは生の音から遠ざかっていると言えます。

そして、カットされていることで、「耳に聴こえずとも、身体に感じている音」がCDは失われているわけです。

より生に近い音で音楽を聴けるのが、レコードなのです。

CDでは微細な音が出力できない

例えば、シンバルの「シャーーーーン」という音は少しずつ音が小さくなっていきますが、実はCDでは微細な音を出すことができません。

従って、レコードでは「シャーーーーン」と聴こえるシンバルの音が、CDでは「シャーーー」と最後の微細な音まで聴こえない訳です。

これは、生の音とは異なる点でもあるし、全体的に音楽の聴こえ方もCDとレコードで違ってくる理由でもあります。

(まとめ)レコードで聴く音楽は「癒し」になる

CDやYouTubeは、気軽にたくさんの音楽を楽しむことができます。

僕がおすすめしたいのは、「音楽を聴くだけの時間を楽しんで欲しい」ということです。

昔は「オーディオ」はひとつの趣味であり、音楽だけを楽しむ時間を贅沢に過ごす人は居ました。(今も居ますが)

「ジャズ喫茶」という喫茶店では、大音量でレコードで音楽がかけられており、そのレコードの音楽を楽しむためにジャズ喫茶へ通っていた人も多々存在します。

あなたも、「レコードで心を癒す」ことを目指してみてはいかがでしょうか。

レコードに関連する記事