100万円を生み出すブログのネタ帳!誰でもすぐに使えるネタ帳の作り方

2018-07-21

100万円を生み出すブログのネタ帳!誰でもすぐに使えるネタ帳の作り方

一瞬ひらめいたアイデアは100万円の価値あり!

これは、ブログである程度の収益を上げた実績のある人が、誰しも思うことではないでしょうか。

僕はこの「ブログのネタ帳」によって、実際に100万円を生み出しています。記事タイトルはキャッチではないですよ(笑)

では、実際に僕がやっている「ブログのネタ帳」の作り方をご紹介します。

僕のブログネタ帳は「Yahoo!メール」

100万円を生み出すブログのネタ帳!誰でもすぐに使えるネタ帳の作り方

僕は、主にiPhoneのメールで件名に「思いついたブログネタ」を書いて、自分のYahoo!メールアドレス宛に送信しています。そして、そのメールをひとつのフォルダへ収めることで、このようなネタ帳になります。

ネタ帳の作り方

Yahoo!メールのアカウントを作り、そのメール画面を開いて、「個人フォルダ」に、ネタのメールを入れるためのフォルダを作ります。

その中に「ネタ」のメールをすべて格納するようにしていきます。

具体的なネタ帳の使い方

仕事中でも思いついたアイデアをiPhoneからサッとメールする

仕事中にふとアイデアを思いついたら、iPhoneのメールを開いて、件名にアイデアを入力して送信します。後でそのネタの内容が思い出せるくらいの文を書かないと、後で「んー?これってどんなネタ?」と自分で分からなくなります(笑)

パソコンでブログ執筆中でもGmailからメールする

パソコンで作業中にアイデアが浮かんだら、Gmailを開いてやはり件名にアイデアを書き留めて、自分のYahoo!メールへ送信しています。

TwitterやWebニュースも気になるものはiPhoneからメール

iPhoneのSafariなら、さっとメールで記事タイトルとURLを送信できるので、気になるTwitterとかWebニュース、ブログ記事はそのままメール送信して、スクラップします。

Yahoo!メールに送信されたネタは一覧表示されるから見易い

ブログの記事ネタを探したくなったらYahoo!メールのネタフォルダを開き、件名から書きたいネタを探し出します。



Yahoo!メールをネタ帳にするメリット

ネタを後から検索しやすい

Yahoo!メールには検索機能があるので、Yahoo!メールのフォルダにまとめたネタからキーワード検索が簡単にできます。例えば、「洗濯」に関するネタでいいのなかったかな?という時も、「洗濯」で検索すると、関連するネタだけが一覧表示されます。

「自分の考えたネタ」も「Webで観た記事のURL」もひとつに集約できる

他の方の参考としたいブログ記事、またはニュースに載っていた興味ある記事のURLは、iPhoneで手軽にメール送信できます。なので、「自分の考えたネタ」も「Webで観た記事のURL」も、すべてYahoo!メールへ簡単に集約できます。

(まとめ)ネタは思いついたら即メモる!

僕は今まで何度も「あー!さっき思いついたネタなんだっけ!」と、後悔したことがあります。

この「ねたこれ」の記事は、僕のネタ帳に書き留めたネタから記事を起こしていますが、実際、たったひとつのふとしたアイデアから100万円を生み出せています。

ぜひぜひ、ネタ帳作りを実践してみて、街中で見つけたほんの小さなことでも、ネタとして即メモしましょう。