早くやっとけば良かった!ペットボトルの自作湯たんぽがコタツより暖かい!

湯たんぽを自宅で使ってますが、非常に利用範囲が広いです。寝るとき布団に入れることはもちろん、居間では寝袋に入れてコタツ代わりになるし、夏場は氷水でひんやりさせることもできます。でも、湯たんぽを使わなくても、ペットボトルで十分代用できるって知ってました?
では、真冬の暖房費を節約できる、自作ペットボトルの活用術をやってみます。

手順1)2リットルのペットボトルに隙間無く水を入れる

ペットボトルを湯たんぽにする

画像では隙間はありますが、水は隙間無く入れましょう。

手順2)お風呂に浸からせる

ペットボトルを湯たんぽにする

水をいっぱいにしたペットボトルは、お風呂で温めます。水をペットボトルいっぱいに入れる理由は、お風呂で浮かせないためです。

手順3)タオルに巻き付けて寝る前から布団へ

自作ペットボトル湯たんぽ

寝る前から布団に入れておくと、暖かいお布団に早変わり!なお、タオルは輪ゴム等で固定しておきましょう。






番外編)寝袋か毛布に入れて、コタツ代わりに!

ペットボトルと寝袋で自作コタツ

熱がこもるので、特に寝袋に入れると快適でそのまま寝てしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする