Windowsでメモリ使用率をテキスト表示するコマンド【tasklist】

Windowsロゴ

タスクマネージャーでメモリ使用率をグラフ化して見ることはできますが、バッチ処理で自動にテキスト出力したり、人の手でコマンド入力してテキスト表示したい場合、tasklistを使います。

tasklistの使用例

C:\> tasklist

イメージ名 PID セッション名 セッション# メモリ使用量
=================== === ========= =========== ============
System Idle Process 0 Services 0 24 K
System 4 Services 0 3,724 K
smss.exe 424 Services 0 1,180 K
csrss.exe 564 Services 0 5,888 K
wininit.exe 652 Services 0 5,664 K
csrss.exe 672 Console 1 68,732 K
services.exe 720 Services 0 11,788 K
lsass.exe 744 Services 0 15,816 K
lsm.exe 756 Services 0 5,208 K

tasklistの実践的な使い方例

メモリ使用率は、できればシステム稼働負荷の高い時間帯に計測したいため、tasklistコマンドからテキスト出力するバッチ処理を作成して、稼働負荷の高い時間帯に自動起動するようセットします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする