やろ、がんばろ、信じよ。 失恋したとき、あなたはどんなことを想いますか

失恋したときに想うこと

僕も、失恋した経験は多々あります。

そんなとき、だいたい自暴自棄になって、すべてがイヤになって...というパターンでした。でも、それではイケないんだと今は感じています。逆に、失恋して自暴自棄になるような恋愛であるなら、「価値のない恋愛」であったような気がしています。

失恋したら、こう考えるべき...という率直な気持ちを語ってみます。

ほんとうにあなたは、その人を好きでしたか

失恋する原因って、いろいろありますね。

自分が相手にとって物足りなかったり、相手が他の人への思いが強かったり...

ただ、意外に「本気で相手を愛していなかったから、それが現実に感じ取れて別れた」ってパターンも多いと思います。

僕も、『この人のこと、好きだなぁ』と思った相手でも、いざ別れた後に振り返ってみると、『んー、本気で好きになれた相手じゃなかった』と感じることがあります。いや、逆に言えば、僕の場合はそのパターンが多かったのが事実です。

例えば、『結婚相手は、相性で選ぶべき』と、20代の若い頃から理屈ではわかっていました。だけど、実際に結婚した相手とは相性が良いわけでもなく、「相性が良い」相手との恋愛自体、今思えば一度も無かったのです。

ただ、一生に一度だけ「相性が良い」と感じた相手との恋愛経験があります。

その恋愛経験があったからこそ、「自分が今まで、相性の良い人とお付き合いしていなかった」という事実が判りました。

では、あなたが本当に失恋した相手のことを好きだったのか、どうやったらわかると思いますか?
それは、「遠い将来であっても、絶対にこの人に自分を振り向かせる」という気持ちがあるかどうかです。

よくある話ですが、「絶対に魅力的になって、振った相手を見返してやる!」という思いに対して、僕は否定的です。だって、本気で好きな人を見返すことなんてできるでしょうか。本気で好きな相手なら、別れた人であっても傷つけたくないと思うのが当たり前だからです。

やろ、がんばろ、信じよ。

僕は、こんな気持ちを持ち続けようと思います。いえ、こんな気持ちを実際に持っています。

自分の悪いところを直して、誰からも愛される人になって、大好きな人を振り向かせたい。絶対に自分は変われる。変われば自分のことを好きになってもらえる。

その想いだけで、前を向き続けています。その人への本気の想いさえあれば、必ず前に進めます。それは絶対に間違いではありませんから。

自分の悪いところを直すとは、外見を良くすることも望ましいのですが、最も考えるべきこと、それは、

人として成長すること

だと思います。

人として魅力的になれたかどうかは、普段、周りに居る人からの「態度」で感じ取ることができます。自分が成長すれば、周りからも大切に思われます。「周りに気を遣って好かれるようになる」ということではなく、「自分が人として成長して、魅力的に見える」ようになることです。

僕は以前、口が悪く、周りの人を傷つけるような人でした。でも、悪いところを直そうという強い意識を持ち続けたことで、それを直すことができました。

僕が実際にやったこと、それは、「相手の良いところを見つけて、口にする」ことでした。どんなに小さなことでもいいから、相手の良いところが見つかったとき、そのことをホメました。もちろん、事実でないことをホメたりはしません。はじめのうちは「おだて」のようになっていたのは事実ですが、それがいつか「心から相手をホメる」ことに変わりました。

そして、『あ、自分の悪いクセ、直ったな』と感じ取れたとき、過去に自分がやってきたことがどんなに恐ろしいことだったのかと、深く反省することができました。

人は変われる。

長い時間は掛かるかも知れません。でも、必ず人は変われます。

本気の気持ちさえ持っていれば...

失恋で自暴自棄になるときって、気持ちのモヤモヤをなんとか誤摩化そうとするだけで、結果的に何も自分を変えれていないんだなーと思います。失恋を相手のせいにしたり、自分が変わらないうちは、将来に渡って同じことを繰り返すばかりです。

人は変われます。

変わったとき、「変わって良かった」と思えます。

人の言葉に左右されず、自分の意思を貫くことが、失恋したとき、最も大切なことです。失恋に「特効薬」はありません。だから、自分で変えるしかないんです。

失恋って、ほんとにヘコみますよね(笑)
でも、たんに「ヘコみを直す」ことだけを考えても仕方ないんです。そして、大好きな相手を振り向かせる気持ちを持ち続けることも大事です。

自分が変われていないのに、大好きな相手に対して「変われていない自分を認めろ」と強要しても、余計に相手との距離が離れるだけです。

とにかく、自分を信じましょう。信じてソンなことはないですから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする