寒い部屋とトイレを二重サッシに!インプラスのペアガラスで断熱性・防音・耐震性がアップした

インプラスの内窓二重サッシでトイレが快適に

我が家は一戸建てなので、当然マンションよりも冬は極寒です。

さらに、我が家が古く、窓も3ミリ?程度の薄いガラス窓なので、冷暖房効率が悪いは、遮音性が無いは、結露はひどいはと散々です。そして今年、念願だった二重サッシをやっと付けましたのでレポートしたいと思います。

取り付けたのはインプラスの内窓

LIXILトステムのインプラスサッシ

この窓は、自分で窓の寸法を縦横計って、その寸法で注文すれば、約2週間程で自宅に配送されます。取り付けも電動ドリル兼電動ドライバーで1つの窓に30分程度と簡単に取り付けできます。

今回は、この4箇所の窓分を買ってみました。

  1. 階段の窓
  2. 階段は冬の夜にトイレへ行く時にとても寒いのですが、小さな窓一枚だけ二重サッシにすれば防寒対策ができるので、この窓を選びました。また、初めて二重サッシを取り付けるにも丁度良い窓のサイズだと思います。

  3. トイレの窓
  4. トイレの中ではジッとすることが多いので、以前から二重サッシにしたいと思っていました。

  5. 1階リビングの出入りできるお大きさの窓
  6. 1階のリビングはとにかく結露がひどく、さらに居る時間も長いため、はじめに二重サッシにしたい部屋でした。

  7. 同じく1階リビングのやや小さめの窓
  8. リビングには2枚の窓があるので、部屋全体の暖房効率を上げるためにこの窓を選びました。

実際にインプラスを取り付けてみた

1)取り付け前のトイレはこんな感じ

トイレの窓、二重サッシと取り付け前

2)まずは置いてある小物をどかす

トイレの窓枠に物をいっぱい並べてあったので、どかします。
トイレの物をどかす

3)取り付ける枠の拭き掃除

窓枠に取り付けるので、窓枠を濡れた雑巾で拭き掃除します。ついでに元々付いている窓も掃除しましょう。
窓枠を拭き掃除

4)準備したのは電動ドライバー+ドリル

電動ドライバーはすごく作業がやりやすいのでおすすめです。必ずドリル付きで購入しましょう。ドリルは何かと役立ちます。
電動ドライバー

5)配送されたインプラスの開梱

インプラスは宅急便で普通に届きます。我が家はリビングに大きな窓を取り付けるので、玄関からでなく、リビングと直接繋がる台所の窓から入れてもらいました。もし玄関から入れると、おそらく窓を上手く部屋まで運べなかったと思います。
しっかり梱包された窓枠、窓本体を開梱します。我が家は大小4つの窓を注文したので、ダンボールの後片付けだけで30分掛かりました。
配送されたインプラス

開梱されたインプラス

6)まずは縦になる枠の取り付け

ここからはインプラスの取り付け手順通りに作業します。まず、窓枠の左右に縦の枠を取り付けます。ひとりで作業するなら、マスキングテープで枠を固定するとよいでしょう。
インプラス立て枠のネジ止め

7)上下の枠を取り付け

左右がネジで固定できたら、次に上と下の枠をはめ込みます。この枠自体は曲がるので、湾曲させながらはめ込みます。
上の窓枠をネジ止め

8)窓のはめ込み

上下左右の枠が固定されたので、最後に窓をはめ込みます。左側の窓、右側の窓の順に入れますが、トイレの窓程度なら窓自体重くもなく、簡単にはまります。
インプラス窓のはめ込み

9)完成!

トイレは5ミリ厚ガラス1枚の構造です。見た目も家にマッチしていていい感じです。トイレはどのみちずっと窓がいくらか開いているので、ペアガラスは意味を為さないと読んでいたので、今回注文した4枚のうち、トイレだけがペアガラスではありません。これで正解でした。
インプラス窓の取り付け完了

インプラスを上手く取り付けるポイント

1)窓のサイズを計るメジャーは金物タイプのものを

インプラス注文前に窓の高さと幅を計測

日曜大工をやる方ならご存知でしょうが、窓のサイズを計るは、メジャー自体があまり曲がらないものが正確に計れてよいと思います。裁縫をやるときに利用するビニル?タイプのメジャーだとメジャーをまっすぐにするのが大変で、不正確な計測になると想定されます。

2)注文時の寸法は1〜2ミリ引いた値で問題ない

インプラス注文前のサイズ計測

窓の寸法を自分で計って注文しますが、1〜2ミリ引いた値で注文した方が逆に窓がぴったり当てはまるかも知れません。我が家は特に古い家なので窓枠に歪みがあって、ぴったりで注文したら、若干、鍵がかけづらくなったからです。
感覚的には、2ミリ引いたらちょうど良いと思われるので、次回注文時にはマイナス2ミリで注文する予定です。

3)ネジを留める前に、あらかじめネジ用の穴を開ける

ネジをいきなり電動ドリルで押し込むと、斜めになったり、押し込みづらかったりします。なので、ネジの穴を所定の位置にセットしたら、まずネジよりずっと細いドリルでまっすぐ穴を開けておきましょう。その後、ネジを留めたら、びっくりするくらいスムーズにネジが入っていきます。

4)二人で作業する

小窓ならひとりの作業でも充分ですが、自分の気づかない点に相手が気づいてくれたり、作業が効率的にできるので、二人での作業をおすすめします。






インプラスの内窓で二重サッシにして率直に感じた効果

テレビの音に集中できる

我が家は大きな道路に面していないので周辺は静かです。ただ、隣接するアパートの給湯器を利用するときに発する「ボーっ」という音が耳につきます。

残念ながら、完璧にその雑音を防音するには、元々付けてある窓も高機能な窓へ換える必要があるようです。ただ、二重サッシを付けた瞬間から、「あっ、静かだな」と感じました。そして、テレビを点けるとテレビの音がとてもクリアに聴こえたことに感動しました。

今までの窓では、気にならない小さな音が漏れていて、その音が完全に遮断されていると実感できました。

また、室内で会話が聞こえやすくなり、家族の会話が盛り上がったことも二重サッシを付けた利点ではないでしょうか。

確かに結露が出づらくなる

二重サッシにした当日、夕飯は鍋でした。

ペアガラスの窓くもり

ペアガラスでも、やはりガラスは曇ります。ただ、水滴にならず、いつの間にか消えていました。これは宣伝とおりだと実感できました。

窓から伝わる冷たさがかなり軽減された

インプラスを階段の窓に取り付けた

冬場、窓からの「ひんやり」に悩まされましたが、完全に無くなったとは言えずとも、かなり軽減されます。
特に階段の小窓は完璧な効果を発揮していて、冬の夜に階段降りる時、寒さを気にする事がなくなりました。

家の耐震性がアップしたと実感

冗談に聞こえるでしょうが、3階から子どもが降りてくるだけで我が家が揺れます。震度2でしょうか。改築で3階が重くなったためでしょうか。

でも、1階の窓を二重サッシにして以来、揺れをほんんど感じなくなりました!

これは想定外だったので、ほんとに驚きです。耐震性は全体のバランスを取りながら行うのが大切とどこかで読んだので、1階でこれから二重サッシにする窓はすべて、既に取り付けたサッシと同じペアガラスにして耐震強度を高めたいと思います。






インプラスサッシのココが良いなと思った

曇りガラスの「曇り過ぎてない」ところ

インプラスの曇りガラスは、「曇り方が最小限にとどめられている」ところが非常に気に入りました。
窓ガラスが透明だと、それだけ部屋が広く感じますが、インプラスの曇り方が緩いので、曇りガラスであっても窓に遮断されているという圧迫感を全く感じないのです。

見た目が部屋にマッチする

元々あった窓のデザインが良くなかったのですが、インプラスの窓はとても重圧感があって、デザインが好きです。色合いも部屋にマッチしているので、とても気に入っています。

枠が樹脂なので冷たさがなく結露しない

窓枠が樹脂でできているので、外から冷たさが伝わってきません。なので、窓枠にはまったく結露ができないところがいいと思います。

高いけどペアガラスは非常におすすめ!

今回、トイレ以外はペアガラス、別の言い方だと複合ガラスと言いますが、1枚の窓にガラスが二重で付いているものです。2枚のガラスの間に空気の層ができるので、その層が外気の暑さ、寒さを伝えないようにしてくれます。

見た目も良く、さらに耐震性があることも実感できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする