データ通信専用のSIMで通話する方法!電話番号はデータ通信専用のSIMでも持てる

データ通信専用のSIMで通話する方法!電話番号はデータ通信専用のSIMでも持てる

格安SIMには、「通話可能なSIM(シム)」と「データ通信専用のSIM」があります。当然、「データ通信専用のSIM」では電話を掛けることも電話を受けることもできません。

でも、実は「データ通信専用のSIM」で電話を掛けたり受けたりすることができます。その方法を解説します。

データ通信専用のSIMで通話する方法

050SMARTTalk

IP電話を契約すると、データ通信専用のSIMに「050」の電話番号が持てるようになり、電話を掛けたり、電話を受けることができます。

FUSION IP-Phone SMART

    FUSION IP-Phone SMARTの特徴

  • ネットで申し込みして1時間足らずで050の電話番号が使える
  • ネットで氏名やカード番号等を入れるだけで、1時間掛からず050の電話が使えるようになります。通話は専用アプリをダウンロードするだけで可能です。

  • 月額料金が掛からない
  • 月額料金が掛からず、通話したときだけ料金が発生するので、コスパに優れています。

  • 「通話可能なSIM(シム)」でも2つ目の電話番号が持てる
  • 「通話可能なSIM(シム)」であっても使えるので、1つのスマホに2つの電話番号を持てます。




    050の番号が持てるサービスは他にもある

    FUSION IP-Phone SMARTの他にも050の電話番号を持てるサービスがあります。

    基本的に「月額料金が無料=通話料金が高い」となるので、電話を受けることが多い場合は月額無料のサービス、電話を掛けることが多い場合は月額料金が有料のサービスを選ぶとよいでしょう。

    (月額料金)無料
    050 Free

    (月額料金)100円
    LaLa Call

    (月額料金)280円
    G-Call050

    (月額料金)300円
    050 plus

    (月額料金)400円
    FleaLine Light






    LINE以外の無料通話として050番号は活用できる

    LINEだと友だちになっていないと通話できませんが、050番号なら、スマホの携帯番号を教えることなく相手と通話できるので、携帯番号を教えたくない相手に携帯番号を教える必要があるときには大変便利です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする