Apacheを起動、停止、再起動するコマンド

Apacheロゴ

世界標準のWebサーバとして使われる「Apache httpd server」の起動、停止、再起動、起動状態確認、およびプロセス起動状態の確認コマンドを解説します。

Apacheのコマンドで覚えておきたい点

同じことをするApacheのコマンドでも複数ある

例えば、Apacheを起動するコマンドでも、

  service httpd start

  /etc/init.d/httpd start

と2つあります。
どちらも、結果的にApacheを起動できます。

また、この2つだけでなく、OSやAapcheのバージョンによってコマンドが違う場合があります。






Apache HTTP Serverのコマンド一覧

ここで紹介するApache(アパッチ)を正確に言うと、「Apache HTTP Server(アパッチ エイチティーティーピー サーバー)」です。
Apacheは画面を起動して操作することもできますが、ここではコマンドを使った操作方法を解説します。

Apacheの起動

停止しているApacheを起動するコマンドです。

# service httpd start

または

# /etc/init.d/httpd start

コマンドの実行例

  [root@ ~]# service httpd start
  httpd を起動中: [ OK ]

  「OK」が出れば、コマンドの実行が成功です。

起動コマンドが効かない場合、以下のコマンドである可能性があります。
# apachectl start
# apache2ctl start

SSLの場合、以下のコマンドで起動します。
# apachectl startssl
# apache2ctl startssl

Apacheの停止

起動中のApacheを停止するコマンドです。

# service httpd stop

または

# /etc/init.d/httpd stop

コマンドの実行例

  [root@ ~]# service httpd stop
  httpd を停止中: [ OK ]

停止コマンドが効かない場合、以下のコマンドである可能性があります。
# apachectl stop
# apache2ctl stop

Apacheの再起動

Apacheのコンフィグを変更したり、起動が不安定な場合などにApacheを再起動するためのコマンドです。

# service httpd restart

または

# /etc/init.d/httpd restart

コマンドの実行例

  [root@ ~]# service httpd restart
  httpd を停止中: [ OK ]
  httpd を起動中: [ OK ]

停止中が「NG」でも、起動中が「OK」であれば、Apacheは起動中となっています。
Apacheがちゃんと起動しているか確認したい場合、この文章より下の方にある「Apacheの起動状態確認」を実行してください。

再起動コマンドが効かない場合、以下のコマンドである可能性があります。
# apachectl restart
# apache2ctl restart






Apacheの起動状態確認

Apacheが起動しているか、停止しているか確認したい場合のコマンドです。

# service httpd status

または

# /etc/init.d/httpd status

コマンドの実行例

  Apacheが起動している場合は「実行中」と表示
  [root@ ~]# service httpd status
  httpd (pid 15198) を実行中…

  Apacheが停止している場合は「停止」と表示
  [root@ ~]# service httpd status
  httpd は停止しています

Apacheのプロセス状態確認

Apache自体起動しているかを確認するコマンドの他、「Apacheのプロセス」がいくつ起動させているかなどを確認するコマンドです。

「Apacheのプロセス」とは、1人があなたのサーバにサクセスした際に、その一人のアクセスのリクエスト(このページへ飛んで・・・とか)に応えてくれるものです。従って、複数のプロセスが起動されています。

# ps agx | grep httpd

「ps」とは、プロセスを確認するLinuxコマンドです。「agx」はコマンドの引数(ひきすう)と呼ばれ、例えば「a」だと「all」という意味で、「すべてのプロセスを表示しなさい」という命令になります。

その後ろの縦棒は「パイプ」と呼ばれるもので、キーボードは[shift]キーを押しながら「¥」キーを押すとでてきます。
このパイプもコマンドの一種で、「パイプより前で実行したコマンドの結果を、パイプより後ろのコマンドへ引き渡す」ということを実行します。

「grep」とは、ある文字列だけを表示しなさいというコマンドなので、

  grep httpd

だと、「httpdの文字列が付いた行だけ表示」という結果になります。

従って、

  ps agx

で、「すべてのプロセスを表示」した後、

  grep httpd

で、「httpdプロセスだけを抜き出して表示」というコマンドの実行結果となります。

コマンドの実行例
コマンドを実行すると、Apacheのプロセスである「httpd」が確認できます。

  [root@ ~]# ps agx | grep httpd
  15799 ? Ss 0:00 /usr/sbin/httpd
  15802 ? S 0:00 /usr/sbin/httpd
  15803 ? S 0:01 /usr/sbin/httpd
  15804 ? S 0:01 /usr/sbin/httpd
  15807 ? S 0:01 /usr/sbin/httpd
  15808 ? S 0:01 /usr/sbin/httpd
  15809 ? S 0:01 /usr/sbin/httpd
  15810 ? S 0:02 /usr/sbin/httpd

スポンサーリンク

シェアする

フォローする