1,000円で明るく便利なおすすめキャンプ用LEDランタン!USBでモバイルバッテリー、自宅、車中泊と利用用途が多彩

LEDランタンとしても使えるUSBのLED電球

我が家でキャンプするとき、ホワイトガソリンのランタンを使う他、たった1,000円で買えるUSB電源供給タイプのLED電球も併用しています。キャンプでも明るく照らしてくれるし、さらに家でも普段使いできるので大変おすすめです。

USBタイプのLED電球とは?

電源コードがUSBになっている

USBのLED電球

電源の供給はUSBからです。なので、パソコン、モバイルバッテリーから電源供給できます。

USBコンセントにつなげば、家庭用コンセントから電源供給可能

iPhoneの充電でも使うUSBコンセントを使えば、家庭用コンセントから電源供給できます。

電球はプラスチック製で軽くて安全

LEDランタンとしても使えるUSBのLED電球

電球はプラスチック製で非常に軽いです。割れる危険性も低いので、落としても割れたことはありません。

電源ケーブルは比較的長く、電源スイッチも付いている

USBのLED電球には電源スイッチも付いている

電源ケーブルは2.5mと比較的長いので、家のコンセントから壁に上層部に掛けられる長さです。電源スイッチも付いています。

大きめのフックでどこにでも引っ掛け易い

LED電球のフックは大きめで掛け易い

このLED電球には大きめのフックが付いているので、比較的どこにでも引っ掛けやすいです。また、フックの内側に輪っかの部分もあるので、この輪っかに別のフックを使って完全に固定することも可能です。






USBタイプのLED電球がおすすめな理由

2つ必要なキャンプ用ランタンとして安く買えて、さらに明るい!

キャンプ用ランタンは2つある方が影ができない

実際にキャンプするとわかりますが、ランタンはできれば2つある方が良いです。1つだと人の影でテーブルの上が見づらかったりするからです。2つあると、比較的、影ができづらくなります。

実際にLED電球2つをキャンプで使ったときの明るさ

実際にキャンプ場でLED電球を2つ点けた様子です。

肉眼で見たままの明るさに調整していますが、写真で見ても、明るさが充分であると伝わると思います。

LEDランタン2つで背後から照らした様子

自分の背後から2つのLED電球で照らしても、手元が暗くなることはありませんでした。

LED電球2つでキャンプテーブルの上は充分明るい

さらにキャンプ用テーブルの上を肉眼の明るさで見ても、不自由なく食事が摂れる明るさです。

このLED電球がキャンプ用としておすすめな理由をまとめると、こんな感じです。

  1. 広く照らせる
  2. 電球で上部から照らすので、広い範囲を照らせます。

  3. 万一落下しても壊れづらい
  4. 自宅やキャンプ場で何度かこのLED電球を落としていますが、割れたり傷ついたことがありません。

  5. 電球色なのでキャンプの雰囲気を壊さない
  6. 暖かい電球色なので、キャンプしているときのあたたかな雰囲気を保ってくれます。

  7. 価格が安く普段から使えるので、たくさん買える
  8. キャンプ場では4つあると理想で、このLED電球なら安く、さらに普段から使えるモノなので、数を簡単に増やせます。

  9. 設置も持ち運びも邪魔にならない
  10. 小型なので設置しても邪魔にならないし、持ち運びも便利です。






モバイルバッテリーで使えるので、電源の確保が楽!

LED電球はモバイルバッテリーで使える

このLED電球はUSBから電源供給できるので、モバイルバッテリーから電源を供給できます。モバイルバッテリーなら充分な電気容量があり、キャンプで一晩中照らすこともできます。

自宅の部屋や廊下、キャンプ、車中泊、登山と幅広く利用できる!

自宅の部屋や廊下、キャンプ、車中泊、登山と幅広く利用できる!

USB電源なので、モバイルバッテリー、家のコンセント、車のシガーソケットと幅広く電源供給が可能であるので、普段使いからアウトドア、防災グッズとして幅広い利用用途があります。

  1. 寝室で本を読むときの灯りに
  2. 寝室で本を読むのに充分な明るさです。この電球の電源コードは比較的長いのでコンセントには困りませんが、モバイルバッテリーに繋げれば、コンセントから遠い場所でも利用できます。

  3. 夜、トイレに起きる方には廊下の灯りとして
  4. 夜、頻繁にトイレに起きる方なら、階段や廊下の灯りとしていかがでしょうか。我が家も階段に取り付けていますが、一晩中点けっぱなしでも電気代が気になりませんし、コンセントの無い廊下でも利用可能です。

  5. 震災があったときには防災グッズとして
  6. モバイルバッテリーで利用できるので、イザというときの灯りにも使えます。車中泊、家の懐中電灯代わりとしても充分な明るさです。防災グッズになるのに、普段しまい込まず、普段から使えるのはいいですね。

  7. キャンプだけでなく、登山用としても
  8. 本体は軽くて、電球もガラスでは無いので、登山用としても使えます。登山用ヘッドライトは邪魔にならず便利ですが、明るさはLED電球の方が確保できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする