エクセルで足し算・引き算・掛け算・割り算!四則演算の数式の入れ方

エクセルロゴ

エクセルの四則演算は一般的な記号と違う!

算数で習った計算式の記号は「+、ー、×、÷」ですが、エクセルでは「+、ー、*、/」を使います。
要するに、かけ算は「 × 」でなく「 * 」で、割り算は「 ÷ 」でなく「 / 」を使います。なお、ブログ記事での表記は「全角文字」ですが、実際にエクセルに入力するのは「半角文字」となります。

足し算は「 + 」(プラス)

足し算は通常、我々が知る通り、「+」を使います。

 =1+1

上記の計算式をコピーして、エクセルのセルに入れてリターンキーを押すと、表示は「2」になります。上の計算結果が表示されるということです。

かけ算は「 * 」(アスタリスク)

かけ算は「 * 」(アスタリスク)を使います。

 =5*3

上記の計算式をコピーして、エクセルのセルに入れてリターンキーを押すと、計算結果である「15」が表示されます。

引き算は「 ー 」(マイナス、又はハイフンと言う)

引き算は通常、我々が知る通り、「−」を使います。

=15-5

上記の計算式をコピーして、エクセルのセルに入れてリターンキーを押すと、計算結果である「10」が表示されます。

割り算は「 / 」(スラッシュ)

割り算は「 / 」(スラッシュ)を使います。

=15/5

上記の計算式をコピーして、エクセルのセルに入れてリターンキーを押すと、計算結果である「3」が表示されます。






エクセルの四則演算は「 = 」を先頭に!

先の計算例でも示した通り、エクセルの四則演算では「 = 」を先頭に入力します。「 = 」を先頭に入れることで、「計算です」という命令をエクセルに与えることができます。

逆に、計算式でない「 = 」を入力したい場合、「 = 」の前に「 ‘ 」(シングルコーテーション)を入れます。
キーボードで言うと、[Shift]キーを押したまま[7]キーを押すと、「 ‘ 」(シングルコーテーション)を入力できます。

‘=1+1

上記をコピーして、エクセルのセルに入れてリターンキーを押すと、先頭の「 ‘ 」が除かれた状態の「 =1+1 」と表示されます。

エクセルの四則演算は「 =SUM 」(SUM関数)でもできる

エクセルに対して計算してくださいという命令を与えるのには、「 = 」の他に「 =SUM」(SUM(サム)関数)という関数でもできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする