非常食に最適なアルファ米を食べてみた!

非常食に最適なアルファ米

アルファ米は、賞味期限が製造から5年間と非常食にうってつけの食品です。

災害時の非常食として我が家に保管していたアルファ米の賞味期限が迫って来たので、非常食を入れ替えるために、古いものの処分として食べてみました。






今回食べたアルファ米は「五目ご飯」

非常食に最適なアルファ米

家におかずが無かったので、白米ではなく、五目ご飯を選んでみました。正直、非常食は美味しくないというイメージがあって、期待していません。

アルファ米は水でもお湯でも作れる

アルファ米の作り方

非常食らしく、ただの水でも作れます。出来上がりは水で60分、お湯で20分かかるそうです。

アルファ米は170mlでできる

水、またはお湯170mlで作れます。170mlはコーヒーカップ1杯分です。

170mlの容量

アルファ米の中にスプーンと乾燥剤がある

アルファ米の中にスプーンがある

スプーンが付いているので、水かお湯さえあれば食べれます。なお、乾燥剤も入っているので、お米に潜っている乾燥剤を取り除いてから調理しましょう。

アルファ米のスプーンと乾燥剤

お湯は注水線のところまで

アルファ米にお湯をそそぐ

袋の中に注水線が付いているので、必ずそこまでお湯を入れます。多いと味が薄くなるでしょうし、少ないと固いお米になるでしょう。

アルファ米は袋を閉じて20分まつ

袋をチャックで閉じて、20分待ちます。

アルファ米の出来上がり

20分経過してから、チャックを開けてみました。率直に見た目の感想は「ちゃんとしたお米」です。






率直に言うと、非常食として美味しい

アルファ米はおいしい

「これが非常食?」と思えるほど、美味しいです。

5年間保管可能なら、味に期待できないというイメージが完全に払拭されました。僕は登山もするので、火を使わずに調理できるこのアルファ米は活用したいと思います。あと、釣りの食事でもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする