iPhoneの最強オフライン地図アプリ!MAPS.MEはカーナビにもなる便利な無料アプリ

iPhoneオフライン地図アプリ

都内の夕方、友人のお店へ行くのにGoogleマップを表示したところ、繁華街で回線が混雑していたためか、なかなか地図が表示されない!って経験ありませんか?

実は地図アプリの中でも、回線接続しなくても地図が表示できるオフライン地図アプリがあって、回線が混雑する繁華街でもスムーズに地図表示できるという優れものです。
実は、Googleマップでも地図を保存してオフライン表示する機能はあっても、日本の地図を保存できないのです。
そして実際に、いろいろオフライン地図を使ってみた結果、「MAPS.ME」(マップス・ミー)が一番使い易かったので愛用することにしました。

iPhoneでもAndroidでも使える「MAPS.ME」でいろいろ試してみました。







オフライン地図アプリ「MAPS.ME」を紹介する前に、オフライン地図アプリを使うことのメリット・デメリットを整理します。

オフライン地図アプリを使うメリット

  • 地図を何回もダウンロードしないので、通信量を節約
  • Googleマップなどの地図アプリでルート案内する間、使用中はずっと地図をダウンロードし続けるので多くの通信量を消費します。
    そうすると、月7GBや3日で1GBの通信速度制限が掛かる可能性が高くなります。だけど、オフライン地図は利用中に通信しないため、通信料を節約できるわけです。逆に通信速度制限がかかったスマホでも地図がスムーズに表示できる点はうれしいですね。

  • 通信しないのでバッテリーの持ちがいい
  • オフライン地図アプリは通信しないため、バッテリーの消費も節約できます。

  • 通信できない場所でも地図と現在地がわかる
  • 海外旅行、登山、田舎道、海上(小笠原諸島に行く途中など)でも地図表示、そして現在地が表示できます。

オフライン地図アプリを使うデメリット

  • iPhoneの容量を大量に消費する
  • 地図情報をiPhoneの中に保存するため、iPhoneの空き容量が少なくなります。逆に、どうしても空き容量を作りたいとき、地図情報のみ削除という方法が取れます。

MAPS.MEがオフライン地図として優れたところ

  • 日本と世界の地図が無料でダウンロードできる
  • かなりな拡大表示にも対応した日本、世界の地図がすべて無料にダウンロードできます。

  • 簡易ルート検索ができる
  • GoogleマップやYahoo!カーナビのような高機能のルート案内は期待できませんが、電波状況の悪い場所でカーナビ利用を補完する意味合いで利用ができます。
    また、リルート機能は無くとも、渋滞にはまったとき、行き当たりばったりで車を走らせる中、MAPS.MEに、はじめに検索したルートをそのまま表示させておくことで、自分が戻るべき本ルートが常に把握できるという使い方もできますね。

  • 自分の位置を追従できて、さらに進行方向を上にしてくれる
  • オフライン地図の中には地図がスクロールできないものが多く、移動中に現在地が画面から消えてしまいます。だけど、MAPS.MEはカーナビと同じように、移動しても現在地はそのままの位置を保つので、手間が掛かりません。また、移動する方向を常に上とする設定もできるので、ちょっとしたカーナビ代わりに大変便利です。

通信できないiPhone4sで、MAPS.MEを実際使ってみた

MAPS.MEのオフライン地図で進行方向を表示

写真はiPhone4sでMAPS.MEを使ったシーンですが、実はこのiPhone4sはWi-Fi機能の調子が悪く、たまにしかWi-Fi通信できません。写真撮影時はSIMカードも無く、Wi-Fiもオフなので、完全に通信できない状態ですが、iPhoneに保存した地図をスムーズに表示しながら、現在地を追従してくれます。
このように使わなくなったiPhoneなどのスマホを普段乗りで地図表示するのも、ちょっとした周辺の検索ができて気に入っています。

MAPS.MEの設定画面

オフライン地図を表示する中、ワンタッチでこの画面が表示できます。スポット検索、その地点のブックマーク、さらに位置情報の共有までできます。

実際の使用感は、動画で確認してみてください。

mapsmeの使用動画

実際にルート検索した動画です。

mapsmeルート検索動画

MAPS.MEのオフライン地図はこんなときに使いたい

  • 普段、自分が行動する範囲の地図をダウンロードしておいて使う
  • 単に自分の居場所を知りたいだけなら、MAPS.MEだけで充分です。Googleマップのほうが優れた面もあるので、GoogleマップとMAPS.MEをうまく使い分けするのがいいですね。

  • 長距離ドライブのときにYahoo!カーナビと同時に使って、Yahoo!カーナビはルート案内、MAPS.MEでもっと広い地域を表示して、渋滞の抜け道探しや周辺スポットを表示する
  • 僕は長距離ドライブを楽しみますが、カーナビ利用時、「自分は今、日本のどの辺りを走ってるんだろう」と知りたくなることがあります。そんなとき、MAPS.MEを広域地図で表示しておくと、寄り道したくなる周辺スポット探しにも役立ちます。

  • 海外旅行の地図表示に強い味方!
  • 海外でスマホが利用できるかもわからない不安はありますが、MAPS.MEがあればその不安も解消されます。海外旅行へでかける前にだけ、その地域の地図をダウンロードしておけば、容量の節約にもなりますね。

  • 電波状況の悪い登山で使う
  • 山間部は電波状況が悪くなりますが、オフライン地図はそんな心配がありません。特に緊急時のためのもオフライン地図は入れておきたいですね。






MAPS.MEはなんと!iOS5である初代iPadにも対応!

僕は初代iPadを愛用しています。初代iPadはiOS5までしかバージョンアップできないので、対応していないアプリが多いんです。だけど、ドライブでオフライン地図を活用したい願望が。で、なんと!MAPS.MEは初代iPadでもインストールできるんです!

MAPS.MEを初代iPadで表示

やはり地図はiPadのほうが断然見やすいので、ほんとうにこのアプリの作者をホメたいです!
iPadを出したついでに、台湾の地図をダウンロードしてみました。

MAPS.MEで台湾の地図をダウンロード

MAPS.MEで台湾全体の地図を表示

MAPS.MEで台北市の詳細地図を表示

台北市を拡大表示してみたところ、画像の通り、細かい道までわかります。これなら、海外旅行へ行っても迷わず観光ができますね。

MAPS.MEアプリのダウンロード

スポンサーリンク

シェアする

フォローする