MySQLのバイナリログの自動削除設定

MySqlバイナリログの自動削除設定

MySqlはログを出力していますが、放っておくとログでディスクがいっぱいになります。
このログは自動削除できるので、その設定方法を解説します。






1)/etc配下の「my.cnf」をviエディタで編集

# vi /etc/my.cnf

2)開いたファイルにログファイルを5日間で削除する設定を加える

「 expire_logs_days = 5 」を一文に加える

(追加例)
==============
[mysqld]
expire_logs_days = 5
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
==============

3)設定内容を読み込ませるため、MySqlを再起動

# service mysqld restart
mysqld を停止中: [ OK ]
mysqld を起動中: [ OK ]

4)設定が反映されたことを確認するため、MySqlにログイン

# mysql -u root -p
(この後パスワードを入力)

5)プロンプトが「mysql>」になったら、確認のSQLコマンドを入力

mysql> SHOW GLOBAL VARIABLES like ‘expire_logs_days’;
+——————+——-+
| Variable_name | Value |
+——————+——-+
| expire_logs_days | 5 |
+——————+——-+
1 row in set (0.00 sec)

※Valueが「5」なので、「5日後に削除」となる。(正常)
もし、「0」だと「ログを自動削除しない」設定なので設定を見直す。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする