iPhoneの電卓で覚えておきたい3つのテクニック

iPhone電卓の賢い使い方

iPhoneの標準アプリに電卓があります。この電卓、ちょっとした便利な機能が付いているのでご紹介します。僕の周りにも「知らなかった」という人が多いです。

iPhoneを横にするだけで関数電卓に変わる

iPhone電卓は縦で普通の電卓

普段見るiPhoneの電卓画面ですが、iPhoneを横にするだけで・・・

iPhone電卓を横にすると関数電卓に変わる

関数電卓に早変わりです。さらに、

iPhone電卓は9桁しか対応できませんが

iPhoneを縦にした電卓は9桁しか対応できませんが・・・

iPhone関数電卓は16桁まで対応

iPhoneを横にした関数電卓なら、16桁まで対応できます。普段は億を超える計算は仕事上でしかしないでしょうが、小数点を含めた計算なら、桁数が多い関数電卓の利用をおすすめします。

計算結果の数字を長くタップするだけでコピーできる

iPhone電卓の計算結果を長くタップすると計算結果をコピーできる

計算した結果をメモに残しておきたいという場合、計算結果の数字上に指を数秒当てておく(長くタップ)すると、「コピー」という文字が出てくるので、その「コピー」をさらにタップすると、表示されている計算結果がコピーできます。

iPhone電卓の計算結果をメモ帳へコピーする

電卓の計算結果をコピーした後にメモアプリを開いて、画面を1回タップすると、「ペースト(コピーしたものを貼付け)」が表示されるので、「ペースト」をタップすると・・・

iPhone電卓の計算結果がメモアプリに貼付けられる

計算結果の数字がメモアプリに貼付けられます。

計算結果を繰り返しできる

iPhone電卓のイコールボタンで繰り返し計算が簡単にできる

iPhone電卓のイコールボタンで繰り返し計算が簡単にできます。例えば、16に、

iPhone電卓のイコールボタンで繰り返し計算が簡単にできる2

2を掛けると、

iPhone電卓のイコールボタンで繰り返し計算が簡単にできる3

32になりますが、さらに「=」をもう一度タップすると、

iPhone電卓のイコールボタンで繰り返し計算が簡単にできる4

「○○×2」という同じ計算を繰り返してくれます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする