iPhoneで「々」を一発で出す方法

iPhoneで「々」(おなじ)という文字を入力するのは非常に簡単です。

「々」は「おなじ」と読みます。

他にも「〃」も「おなじ」と読みます。

従って、両者は、iPhoneでもMacでも「おなじ」と入力して変換できます。でも、iPhoneには一発で入力する方法があります。

iPhoneで「々」を一発で出す手順

1)日本語かな入力の数字入力画面を出す

通常、我々が使っている数字のキーボードです。
「8」のところを見てください。おっ?すでに「々」を見つけましたね。
iPhoneで々を一発で入力する方法

2)「8」をタップして上を選択で「々」を一発入力

これなら、「おなじ」って読み方を覚えなくても、入力することができますね。
iPhoneで々を一発入力






では、数字キーボードに無い文字はどうやってだす?

iPhoneで々を一発で入力する方法

画面をよく見ると、「<」(しょうなり)とか、「〆」(しめ)とか利用頻度が低くとも利用する機会のある文字があります。 でも、ここにある以外の文字で出したいもの、例えば「≦」(いじょう)、「≧」(いか)等は、どうやって入力するのでしょう?

「すうがく」と入力して変換すると簡単です!

iPhoneで数学と入力すると

「すうがく」と入力して、変換画面を見ると・・・

2)一覧から入力する記号を選択

iPhoneですうがくと入力した一覧

比較的使う機会のある数学に関する記号が一覧で表示されます。

この方法だと、「すうがく」で変換するだけなので、覚えやすい技ですよね。







いかがでしょう。

今回紹介した、「数字キーボードの活用」と「すうがくというキーワードからの変換」を利用すれば、あなたのiPhoneがもっと使いやすくなるはずです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする