ホワイトガソリンランタンの使い方!キャンプの基礎知識

コールマンのホワイトガソリンランタンの使い方

覚えておきたいホワイトガソリンランタンの基礎知識

ホワイトガソリンは普通のガソリンとは違う

車に入れるガソリンとホワイトガソリンは違うので、必ずホワイトガソリンを購入して使いましょう。おすすめはランタンと同じメーカーのホワイトガソリンです。例えばコールマンのホワイトガソリンランタンを使うなら、コールマンのホワイトガソリンを買います。

Amazonをホワイトガソリンで検索

楽天市場をホワイトガソリンで検索

Yahoo!ショッピングをホワイトガソリンで検索

Yahoo!ショッピングをホワイトガソリンで検索

着火はチャッカマンなど、柄の長いライターを使う

着火時に大きな炎が上がるので、必ずチャッカマンのような柄の長いライターを使用します。

Amazonをチャッカマンで検索

楽天市場をチャッカマンで検索

Yahoo!ショッピングをチャッカマンで検索

ホワイトガソリンをこぼさず入れるなら専用器具を使う

ホワイトガソリンランタンの欠点は、ホワイトガソリンを入れるときにこぼれる可能性があるという点です。これを克服してくれるのが、ホワイトガソリンを入れる専用器具を使いましょう。






ホワイトガソリンランタン着火手順の概要

  1. ホワイトガソリンを入れる
  2. ポンプレバーでランタン内部のガソリンタンク内の空気を圧縮する
  3. チャッカマンで白い部分(マントル)の一部に種火を点ける
  4. ランタンのバルブを開放側に回してガソリンを放出する
  5. 大きな炎が上がるのでバルブを絞ったり緩めたりして炎を落ち着かせる
  6. 炎が落ち着いたら白い部分だけに火が点いた状態となる(完了)






ホワイトガソリンランタン着火までの手順

ホワイトガソリンを入れる

ホワイトガソリンランタンのガソリン入れ口

ホワイトガソリンとは一般的なガソリンとは違うため、例えばコールマンのホワイトガソリンランタンを使うのなら、コールマンから販売されているホワイトガソリンを購入してランタンに注入します。ランタンにガソリンマークがあるキャップを回して開けた後、ホワイトガソリンを注入する器具を使って少しずつ入れます。

ランタンのレバーをポンビングして内部の空気を圧縮

コールマン ホワイトガソリンランタンにポンピングして空気を入れます

ガソリンを入れた後、ランタン内部に空気を送り込んで内部空気を圧縮し、着火時に外部へ放出させるようにします。

ホワイトガソリンランタンのポンプノブ

ポンプレバーは写真の通り引き出せます。引き出せない場合は、ポンプレバーを回すと引き出せるようになります。

引き出した後にポンプレバーを何度か往復させることで空気が送られ、これをポンプレバーを押し込めなくなるくらいまで続けます。

着火のため、一旦ガラスを外す

ホワイトガソリンランタンのトップネジを開ける

ホワイトガソリンランタンには、中にある白い布の部分へライターで着火するため、一旦、ガラスを外すため、上にあるネジを回して緩めます。

ホワイトガソリンランタンのガラスを外す

ネジが緩まると、ガラスを上にスライドさせてガラスを外す事ができます。

チャッカマンで白い部分に炎を当てたままバルブを緩める

ホワイトガソリンの火力を調整するバルブ

これは炎の出力を調整するバルブです。ランプが点いているマークの方へ回すと白い布の部分(マントル)にガソリンが噴出します。

ホワイトガソリンにチャッカマンで炎を当てつつバルブを緩める

チャッカマンを点けて炎を出したまま白い布の部分であるマントルへ付けて、バルブを緩めます。

ランタンに着火して大きな炎が上がったらバルブを軽く閉めたり緩めたりして炎を落ち着かせる

ホワイトガソリンランタンから大きな炎が上がる

ランタンに着火すると、写真の通り大きな炎は上がりますが、慌てずバルブを軽く閉めたり緩めたりすると炎が落ち着いてきます。着火した後に焦ってバルブを完全に閉めないようにしましょう。

炎が落ち着くと白い布の部分(マントル)だけに火が点いた状態になる

ホワイトガソリンランタンの炎が落ち着く

バルブの軽い開け閉めで炎は落ち着き、写真の通り、白い布の部分だけが燃焼した状態になります。これで着火は完了です。

注意点として、あまりバルブを開けすぎているとガソリンを多く消費するので、ほどほどの明るさにしておいて、暗ければ後でバルブを開くことで調整しましょう。

ガラスを戻す

ホワイトガソリンランタンのガラスでふたをする

ガラスを元のように戻して、上部のネジをしっかり閉めます。着火して熱いので気をつけましょう。

ランタンを吊るす

コールマンのホワイトガソリンランタンの使い方

写真は、「カラビナ」というフックで写真のような屋根型のタープに吊るしています。

ホワイトガソリンランタンをカラビナで吊るす

Amazonをカラビナで検索

楽天市場をカラビナで検索

Yahoo!ショッピングをカラビナで検索

吊るす場所がない場合は、ランタンスタンドを使って吊るします。なお、ランタンをテーブルに置くと、邪魔になったり火傷の原因になったり、倒れるリスクが高まるので、吊るすことがベターです。

Amazonをランタンスタンドで検索

楽天市場をランタンスタンドで検索

Yahoo!ショッピングをランタンスタンドで検索

ホワイトガソリン着火手順の動画

スポンサーリンク

シェアする

フォローする