カップの茶渋を簡単漬け置きできれいにしてみた

カップの茶渋を漂白してみた

漬け置き前は紅茶の茶渋でいっぱい

茶渋で汚れた珈琲カップ

茶渋が白いカップのあちこちにこびりついています。

カップの飲み口も茶色に

飲み口も茶色いままです。

酸素系漂白剤で一晩漬け置きする

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤を使って一晩中、漬け置きします。

大きめのボールに入れて漂白剤を入れる

大きめのボールに3分の1に水を張っておきます。これは、後から熱湯を入れたときに熱湯が直接ボールに当たらないようにするためです。そこへ、コンビニのお弁当に付いてくるスプーンで2杯、酸素系漂白剤を入れます。

沸騰したお湯を入れる

酸素系漂白剤を溶かす意味で、沸騰したお湯を追加で入れて、カップが完全に浸かるようにします。

酸素系漂白剤に浸かったカップ

お湯をかけると、全体的に白くなり、炭酸のような泡が次々と出てきます。
なお、酸素系漂白剤は刺激的なツーンというニオイはありません。そもそもニオイ自体がほとんどなく、若干、薬剤を思わせる香りがほのかにしてくる感じです。






これだけきれいに!

漂白前
カップの飲み口も茶色に
漂白後
カップの茶渋を漂白してみた

一晩漬け置きするだけで、これだけきれいになりました!

漂白前
茶渋で汚れた珈琲カップ
漂白後
カップの中まで茶渋がなく真っ白






酸素系漂白剤で茶渋を落とす方法まとめ

酸素系漂白剤で茶渋を落とす方法の他、ネット上では様々な茶渋の落とし方が紹介されています。

  1. 重曹を使う
  2. 激落ちくんを使う
  3. 塩を使う
  4. 酢を使う
  5. 歯磨き粉を使う

いずれこれらで茶渋落としにチャレンジしたいと思います。

 

なお、酸素系漂白剤で茶渋を落とすメリットとしては、

放置するだけで茶渋が落ちる

ニオイがしない

というところです。

 

逆に、デメリットとまでいかないですが、

漂白後、カップ全体がヌルっとしている

程度でしょうか。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする