タスクスケジューラをコマンドで実行する方法と実行結果をコマンドで確認する方法

タスクスケジューラをコマンドで実行する方法と実行結果をコマンドで確認する方法

タスクスケジューラをコマンドで実行する方法

  1. コマンド プロンプトを開きます。コマンド プロンプトを開くには、[スタート] ボタン、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[コマンド プロンプト] の順にクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、「Taskschd.msc」と入力します。

Windows のインターフェイスを使用してタスク スケジューラを実行する方法

  1. [スタート] ボタンをクリックします。
  2. [コントロール パネル] をクリックします。
  3. [システムとメンテナンス] をクリックします。
  4. [管理ツール] をクリックします。
  5. [タスク スケジューラ] をダブルクリックします。




タスクスケジューラの実行結果をコマンドで確認する方法

単純に画面上に表示する場合は、以下のコマンドを入力します。
Schtasks /Query /FO LIST /V

コマンド結果をテキストファイルに出力したい場合は、以下のように入力します。この場合、Cドライブ直下に「task.txt」というテキストファイルが出力されます。毎回起動の都度、task.txtに上書きされます。
Schtasks /Query /FO LIST /V > c:\task.txt

出力したテキストファイルを日付別に残したい場合、日付をテキストファイルに付与します。
Schtasks /Query /FO LIST /V > c:\task_yyyymmdd.txt

ファイル名に自動的に日付を付与する方法は、以下の記事をご確認ください。

Windowsコマンド・バッチでファイル名に日付と時刻を入れる方法

コマンドの実行結果例

フォルダー\
ホスト名: MASIN415325
タスク名: \バックアップ(イベント通知)
次回の実行時刻: N/A
状態: 準備完了
ログオン モード: 対話型/バックグラウンド
前回の実行時刻: 2017/11/27 18:12:17
前回の結果: 0
作成者: MyPasocon\Administrator
実行するタスク: C:\backup\dbbackup.bat
開始: N/A
コメント: N/A
スケジュールされたタスクの状態: 有効
アイドル時間: 無効
電源管理: バッテリ モードで停止, バッテリで開始しない
ユーザーとして実行: MyPasocon\Administrator
再度スケジュールされない場合はタスクを削除する: 有効
タスクを停止するまでの時間: 72:00:00
スケジュール: スケジュール データをこの形式で使用することはできません。
スケジュールの種類: 要求時のみ
開始時刻: N/A
開始日: N/A
終了日: N/A
日: N/A
月: N/A
繰り返し: 間隔: N/A
繰り返し: 終了時刻: N/A
繰り返し: 期間: N/A
繰り返し: 実行中の場合は停止: N/A

スポンサーリンク

シェアする

フォローする