カフェラテとカプチーノの違い言えるかな?知っておきたいコーヒーの種類

コーヒーカップ

コーヒーの種類一覧表

下の画像を見てわかるとおり、コーヒーの種類には大きく、「エスプレッソ」と「ドリップ」の2つに分かれます。

エスプレッソとは?極細挽きにしたエスプレッソ豆を、専用のマシンで発生させた蒸気圧で、お湯をコーヒーの粉の中に瞬間的に通し抽出したものです。

イタリアで生まれ、北米に普及し、最近では日本でも人気が定着してきました。
イタリアでは「カフェ」と言えば「エスプレッソ」のことを指すくらい、日常生活に溶け込んだものとなっています。

【出典元】カフェ・アンド・エル

「エスプレッソ」はカフェインが少ないそうです。対して「ドリップ」は、フィルターを通したお湯でコーヒーを淹れるものです。

ちなみに、「カフェオレ」も「カフェラテ」も「ミルク+コーヒー」という点では同じだが、カフェオレはドリップコーヒーで作るもの、カフェラテはエスプレッソで作るものという違いによって、口当たりからして違いますよね。







ドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーをドリップするにも、やり方があります。例えば、「お湯をそそぐヤカンの注ぎ口って、細くて少しずつ注ぐ」、「始めにお湯を注ぐのは、コーヒー豆を蒸らすために入れる」といったところです。

では、具体的にどう淹れたらいいのか。コーヒーを淹れるための機材の説明、そして実際の淹れ方について、2本の動画で確認しましょう。

ドリップコーヒーの淹れ方の前に、コーヒーを淹れるための機材のお勉強です。

タリーズの動画で、ドリップコーヒーの淹れ方を勉強しましょう。私も自宅でコーヒー豆を挽くところからやっていますが、豆の細かさ、お湯の淹れ方によって、まったくコーヒーの味が違ってきます。

エスプレッソの淹れ方

「エスプレッソ」と聞くとエスプレッソ・マシンを思い浮かべますが、マシンを使わなくてもエスプレッソは淹れられるようです。

機械式エスプレッソマシンで淹れる

エスプレッソマシンは、「サエコ」と「デロンギ」をよく耳にします。私は「サエコ」の自動コーヒーメーカー(ボタン一つで豆挽き、ドリップコーヒー抽出)を利用したことがありますが、コーヒーが非常に美味しいです。本気で購入しようと考えましたが、10万円以上という価格の壁に躊躇しました。

直火式エスプレッソマシンで淹れる

登山、キャンプでよく目にする、直火式エスプレッソマシンです。エスプレッソ・マシンは高価なので…という方にはこちらがおすすめです。エスプレッソマシンと違い、コンパクトに片付けられる点も魅力のひとつですね。

エスプレッソを使ったコーヒーの作り方

エスプレッソを使ったコーヒーを自宅で作りたい人向けに、コーヒーの種類別に作り方の説明、動画をまとめました。

デロンギ エスプレッソ・レシピ
エスプレッソマシンで有名なデロンギのサイトで紹介されている、エスプレッソ・レシピです。ここに掲載される以外のレシピも紹介されています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする