2分でわかる あなたが買うべき電子ドラム

電子ドラム ローランドRoland TD-10

メーカーは「Roland」(ローランド)を選んでください

僕はいくつかのメーカーの電子ドラムを使いました。音の良さから絶対的に「Roland」(ローランド)のV-Drumsシリーズをおすすめします。トップ画像もV-Drumsシリーズのドラムです。

Roland(ローランド)

電子ドラムを買う時に知っておきたいポイント

タイコの材質は「ゴムパッド」と「メッシュパッド」がある

電子ドラムのタイコは、叩く部分の材質が2種類あります。安い電子ドラムだと「ゴムパッド」、値段が高くなると「メッシュパッド」になります。より、本物のドラムに近いのが「メッシュパッド」なので、価格が許す限り、「メッシュパッド」を買いたいところです。

出来るだけ安く買いたいと思う方向けの、電子ドラム購入時に考えたいポイントは、「スネアだけメッシュパッドにするかどうか」という点です。
スネアでは「リムショット」というタイコのフチを叩く叩き方があるのですが、「ゴムパッド」ではこの「フチ」が無いために本物のドラムと叩き方が異なるので、本物のドラムと同様に叩ける「メッシュパッド」をおすすめします。

ゴムパッドの特徴


MEDELI メデリ 電子ドラム ブラック DD-504J DIY KIT/BK

良い点は安く購入できるところです。欠点は、生のドラムとは叩いた感触が違うところです。

メッシュバッドの特徴

電子ドラムのメッシュバッド

良い点、悪い点はゴムパッドの逆ですね。

タイコの大きさは3種類

電子ドラム タムの大きさは3種類

左上(8インチ)、右上(10インチ)、下(12インチ)と順番に大きさの違いがわかります。
安いセットだと、左上だけの小さいパッドだけを使ったものになります。小さいパッドは本物のドラムよりタイコが小さいため、叩きづらかったり、本物のドラムとの叩き方にギャップを感じます。

高いドラムセットなら、10インチと12インチのタイコでセットが組めます。スネア(自分の目の前にあるタイコ)とフロアタム(一番右側に位置するタイコ)は12インチ、上段に位置するタムなら10インチを使います。8インチは上段の左側に追加して、より高い音を出すために使うといいでしょう。本物のドラムもそんな感じです。

シンバルは最低2枚

電子ドラムのシンバルは最低2枚

シンバルには「クラッシュシンバル」と「ライドシンバル」の2種類あります。
よくドラマーが「シャーン」とかっこ良く叩く方が「クラッシュシンバル」、リズムを刻むために使うのが「ライドシンバル」です。この2つのシンバルの見た目には違いが無いですが、電子ドラムでは「クラッシュシンバルとライドシンバル兼用」と「クラッシュシンバル専用」があります。

ライドシンバルはシンバルの真ん中辺りを叩く方法もあるため、ライドシンバルで使えるシンバルでないと、真ん中を叩いたときに本来のライドシンバルの音が出てくれなくなります。

なお、ライドシンバルは1枚でOK、クラッシュシンバルはたくさんあるに越したことは無いですが、クラッシュシンバルから出る音に変化を付けたくなるので、2枚あるといいでしょう。

電子ドラムの選び方

部活の練習、ドラムをかじってみたいという人は最低価格のV-Drumsを

ブラスバンド部のパーカッション担当になったから電子ドラムが欲しい、もしくは、ギタリストなんだけどドラムもかじってみたいという「お手軽に電子ドラムを」という方は、以下の安価な電子ドラムをおすすめします。コンパクトなので場所を取りません。


Roland TD-1KV 3シンバル 一括セット
Roland TD-1KV 3シンバル 一括セット


YouTube ローランド電子ドラムV-Drums TD-1KVのプロモーション動画

お金を掛けれない人は、最初は安く、将来、本格派に発展させる方法を取りましょう

金に糸目を付けない人では無いのが普通なので、ここからは、「お金は無いけれど、ドラムが欲しいという夢はあきらめきれない」という方に向けた購入ガイドです。
将来的に拡張していくなら、初回に購入するときは「将来的にも使えるものが1つ以上あるセット」を買いましょう。例えば、下の画像にあるセットなら、「音源」、「シンバル」、「ハイハット」、「椅子」が将来的にも利用可能です。スネア等は本物のドラムより小さいことから、将来、本格的にドラムをやりはじめた時、必ず不満を感じるからです。不満のあるパーツを買い替えるとき、出来るだけ買い替えるパーツを少なくすることが効率的な買い方になります。現に僕もトップ画像にあるドラムセットをパーツの買い替えで繰り返し発展させていきました。


Roland TD-11K-S 3シンバル スターターパック ドラムマット一括セット
Roland TD-11K-S 3シンバル スターターパック

お金に糸目を付けない方なら、最高機種を選びましょう

最高機種の電子ドラムは、生のドラムよりも「こっちを買いたい」と思わせるほと逸品です。ぜひ、ローランドの動画を観て確認してください。


Roland V-Drums TD-30K-S Premium
Roland V-Drums TD-30K-S Premium









ドラム練習本

Amazonでドラム練習本のベストセラーになっているドレミ出版の本です。CDとDVD付きです。ドレミ出版の楽譜は評判が良いので、この本も期待できます。

電子ドラムが高いと思うなら、練習用パッドという手も!

電子ドラムは高いので手はでないけいど、ドラムの基礎トレーニングをしたいという方なら、パッドのみを購入する手もあります。ブラスバンド部のトレーニングでもこういったパッドを利用している姿を見かけます。

「電子ドラムが無いのでドラム練習ができない」と思うより、早い段階で安価なパッドで練習を始めることをおすすめします。

ドラムパッドでおすすめな逸品

まずはスティックの使い方を練習するのに、この叩きやすい「エヴァンス 練習用パッド」はおすすめです。なんでもそうですが、繰り返し練習が大事なので、このパッドでひたすら練習することで、まずはドラマーを目指しましょう!


EVANS エヴァンス 練習用パッド&専用スタンドセット ARF7GM + ARFSTD 【国内正規品】
EVANS エヴァンス 練習用パッド&専用スタンドセット

電子音が鳴るパッドもある

電子ドラムと同じ感触で、さらに電子音が鳴るパッドも販売されています。単純なパッドだと飽きてしまうなぁと感じる人なら、こちらがおすすめです。


Roland ローランド リズム コーチ RMP-5
Roland ローランド リズム コーチ RMP-5

ちょっど電子ドラムに近づくパッドもある

お手軽にドラミングを楽しめる機器として、ヤマハから販売されているパッドもあります。このパッドなら、本格的なドラムと同じ数のパッドを楽しむことができます。


YAMAHA デジタルパーカッション DD-65
YAMAHA デジタルパーカッション DD-65






購入はオークションが断然安いです

新品で購入するもの良いですが、ドラムは叩く楽器で痛みが早いためか、オークションになると半額近い価格で販売されることも珍しくありません。高い買い物であり、どのみち叩いて痛むものであれば、中古品で十分であることを購入後に認識できるはずです。

ヤフオク! ー 電子ドラム

楽天オークション ー 電子ドラム

防音マットはあったほうがいい

電子ドラムでも、バスドラムを踏んだりする音が下の階に響きますので、その心配があるなら防音マットを敷きましょう。


防音マットZS【厚さ10mmタイプ】2枚セット畳約1帖分(910mm×910mmサイズ 1枚当り8㎏)
防音マットZS【厚さ10mmタイプ】畳約1帖分

ヘッドフォンは密閉型を買いましょう

ヘッドフォンには「オープン型」と「密閉型」があります。
「オープン型」は、ヘッドフォンの音が周りに漏れる、そして、周りの音が聞こえるタイプなのに対して、「密閉型」は、周りの音を一切シャットアウトするタイプです。電子ドラムを叩いているときは、ドラムを叩く音は聞こえたくないので、外の音が聞こえない「密閉型」をおすすめします。

オーディオテクニカの製品が評判良く、パイオニアの音も僕は好きです。


audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x
audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x


Pioneer(パイオニア) 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン SE-M531
Pioneer(パイオニア) 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン SE-M531

電子ドラムと言えども、うるさいのか?

生のドラム音は半端無くうるさいですが、電子ドラムでもやはりある程度うるさいのは仕方ないですが、いったいどの程度うるさいのかを動画で確認してみてください。


電子ドラム動画スナップショット

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

練習用ドラムが電子ドラムに変わる装置も!


KORG 電子ドラム クリップドラムキット CLIP HIT クリップヒット

画像にある白い装置、この装置はKORG(コルグ)という電子楽器では有名なメーカーが発売している「なんでもドラムにしてしまう装置」です。

KORG 電子ドラム クリップドラムキット CLIP HIT クリップヒット

ダンボールでも、ティッシュの箱でもドラムになってしまうという優れものです。僕も小学校の頃は、イスを並べてドラム練習をしたことがあります。そのイスを叩いてドラムの音が出るのは大変魅力的ですね。
ただ、ドラマーになりたい!という方にはあまりおすすめできない点もあります。ドラムは叩いた後、スティックがバウンドして叩く前の位置に戻ってこないと練習にならないからです。

例えば、ドラム用練習パッドを利用中で少しでも電子ドラムに近づけたい人なら買ってソンはしないと思います。


KORG 電子ドラム クリップドラムキット CLIP HIT クリップヒット
KORG 電子ドラム クリップドラムキット CLIP HIT クリップヒット

本物のシンバルを交えて演奏したシーンがYouTubeにありましたので、雰囲気を知りたい方は動画をご覧ください。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする