アフィリエイトの雑所得で帳簿を付ける必要はあるか

アフィリエイトの雑所得で帳簿を付ける必要はあるか

確定申告の際、青色申告でも白色申告でも帳簿を提出する義務が生じます。では、サラリーマンが得たアフィリエイト収入についても、帳簿を付ける義務があるのか、確認した結果をまとめました。

アフィリエイトの雑所得で帳簿を付ける必要はあるか

答えを正確に書くと、

サラリーマンがアフィリエイト収入で得て雑所得で確定申告する場合、帳簿の提出は不要

です。

国税庁の「白色申告の方の記帳・帳簿等の保存制度」というページに、帳簿が必要な対象者は以下と記載されています。

事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う全ての方です。

これは、「帳簿の提出が必要」な対象を意味しており、この対象に「雑所得」は入っていないため、アフィリエイターの雑所得で帳簿を提出する必要はありません。

では、雑所得で帳簿を作る必要性はないか

僕も雑所得で確定申告していますが、収入と経費の一覧を作成しています。これは、エクセルでオリジナルに作成した帳簿です。

帳簿を作成する理由は以下の通りです。

  1. 経費の合計金額を知りたい
  2. 雑所得の確定申告で経費を申告する場合、「年間の経費合計金額」のみ記載します。経費の明細を提出する義務、ならびに領収書を出す義務もありません。ただ、経費の合計金額を出すのに、当然明細の積み上げが必要である点と、経費を按分(50%を経費にする等)するのに計算式が必要となり、帳簿を作成した方が楽という点から、エクセルによる帳簿を作成しています。

  3. 税務調査の際に経費の根拠を説明するのが楽
  4. 実際、税務調査が我が家に来ることは想定していませんが、万一、税務署の方が来られた場合に、帳簿があれば説明が楽、且つ信頼性が増すためです。

  5. ふるさと納税可能な金額を把握したい
  6. サラリーマンの場合、本業の収入+アフィリエイト収入の合計金額から、ふるさと納税可能な金額が算出できます。より正確な収入額を把握して、ふるさと納税可能な金額ぎりぎりまで納税したいので、帳簿によりアフィリエイト収入を正確に把握しています。




雑所得の帳簿は保管すべきか

事業所得等を確定申告する場合、帳簿を7年保管する義務があります。

では、帳簿の提出義務のない雑所得で帳簿を付けた場合、その帳簿を保管する必要があるでしょうか。

これは個人的判断による答えになりますが、

雑所得として申告する場合に付けた帳簿は保管した方がよい

です。

この根拠として、後に確定申告内容に誤りがあって修正申告する場合、再計算する際に利用できるからです。僕の場合、エクセルによる電子ファイル1つで邪魔になるものではないので、そのまま残しています。

雑所得の経費の証である領収書は保存すべきか

雑所得では領収書の保管を義務づけられていません。(帳簿の提出が必要な所得なら5年保管する必要あり)

では、義務づけられていない「領収書」の保存をすべきでしょうか。

これは個人的判断による答えになりますが、

雑所得では、領収書を保管する必要なし

です。

この根拠として、例えば税務調査が入って、「この経費を使った証拠を見せて欲しい」と税務署の方に言われても、「雑所得で領収書を保管する必要性に関する法的根拠がないため保管しておりません」と言えるからです。

なお、当然のことですが、領収書が無いことを良いことに、払っていない経費を計上してはいけません。

僕の場合、領収書は帳簿を付けた後、確定申告後に破棄しています。