iPhone電源ケーブルの断線を防ぐ3つの方法

iPhone電源ケーブルの断線

iPhoneのライトニングケーブルが断線して充電できなくなったことはありませんか。

僕もはじめ、「なぜ断線するんだろう?」と不思議に思っていましたが、iPhoneを長年使ううちに、断線の原因と防止方法がわかってきました。この方法を紹介します。

iPhoneのライトニングケーブルが断線する原因って?

ケーブル断線の原因はコードを引っ張るから

iPhoneのライトニングケーブルが断線する原因は、「ケーブルを引っ張る」ことです。

電化製品のコンセントもそうですが、必ず根元の部分、ライトニング端子(iPhone本体に繋げる部分)をしっかり持ってから引っ張ることが断線防止につながります。

ケーブルの根元をムリな角度に曲げたままにすることも原因

iPhoneのライトニングケーブルの根元は、可能な限りまっすぐに保ちましょう。ムリな90度くらいの角度で曲げたままにしておくと、ケーブルに負担が掛かって断線します。






iPhone電源ケーブルの断線を防ぐ3つの方法

1)iPhone純正ケーブル以外の抜き差ししやすいケーブルを使う

iPhone純正のライトニング電源ケーブルって、実は抜き差ししづらいと気づいていますか。

例えば、Amazonで売っている「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル」とか、コンビニで売っている電源ケーブルを使うとわかりますが、純正のケーブルより抜き差しする部分が大きく、つまみやすいのです。

逆に言えば、iPhone純正のライトニングケーブルは充電終了後に抜く時、ケーブルを引っ張ってしまいがちなので、結果、断線してしまいます。我が家でも、それが原因でトップ画像の通り、断線してしまいました。

iPhone電源ケーブルはANKERを使うと断線しづらい

上の画像はiPhone純正と、Anker プレミアムライトニングUSBケーブルの大きさを比較したものですが、わずかながらAnkerの方が大きく、わずなな大きさの差でも、抜きやすさは断然、Ankerの方が抜きやすいので、ケーブルを引っ張って抜くことはしなくなります。

2)充電に卓上スタンドを使う

ケーブルが断線するなら、ケーブルを使わずに充電する手もあります。


COOLOO iPhone 充電 スタンド 同期 スタンド iPhone6/6s/6Plus/6s plus/5s/5c/5,iPad mini対応 Dock ドックスタンド デスク 卓上スタンド usb ケーブル付き ケース付けても使用可能 置くだけ充電

COOLOO iPhone 充電 スタンド 同期 スタンド 置くだけ充電

画像の商品は、スタンドにライトニング端子が付いているので、iPhoneをそのまま置くことで充電ができます。
ケーブルを引っ張ることが無いので、断線を防止できます。また、家で動画を観る時など、スタンド自体も大変役立ちますね。






3)ケーブル断線を防止するプロテクターを使う

ケーブルの断線を防止するのに、断線防止用のプロテクターというものがあります。ケーブルの根元に負担を掛けないので、断線効果が高いと期待できます。


Generic 2つの小品 充電ケーブルプロテクター 保護 断線防止 アップル製品ケーブル用 iphone 5、5、6、6プラス (ブルー)

Generic 2つの小品 充電ケーブルプロテクター 保護 断線防止

現在、僕は、実際のAnker プレミアムライトニングUSBケーブルを5本程度購入して家族で利用していますが、断線したケーブルは1本もありません。ちょっとしたことで、断線はしっかり防止できます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする