無宗教の仏壇の飾り方、お葬式のあげかた、お墓の作り方まとめ

無宗教の仏壇飾り方

写真は、我が家の実際の仏壇を写しています。

親が無くなったとき、無宗教である我が家はどのようにお葬式をあげればよいかとか、仏壇の仏像はどれを選べばよいかなど、非常に迷いました。でも、仏具屋さんにアドバイスを受けたり、実際にお葬式をあげたことで、「ほ〜、こんな感じでやるのか」といろいろわかりました。

無宗教である我が家で実際にやった、お葬式のあげかた、仏壇の飾り方、お墓の作り方をご紹介します。

無宗教の仏壇の飾り方

無宗教の仏壇の飾り全体

ご覧の通り、いたってシンプルです。

ちょっと余計なモノがいっぱい飾ってありますが、

最上段に位牌のみ

中段の左右にお供え物を置く台、中央にご飯とお水をお供えする台

下段にお花を生けるツボ

写真にないですが、仏壇の手前に鈴(りん)鈴棒(りんぼう)線香立て

です。

仏教の何れかの宗派であるなら、仏壇の最上段真ん中にその宗派の仏像、または掛け軸が飾られますが、無宗教の場合はこれがないため、不要となります。






位牌に記したのは、戒名(かいみょう)ではなく、俗名(ぞくみょう)

無宗教の仏壇飾り方

戒名(かいみょう)とは、亡くなられた方にお坊さんがつけてくれる名前ですが、無宗教なのでお坊さんにつけてもらえません。なので、我々の氏名を位牌に記します。戒名(かいみょう)でなくても、なんら問題はありません。

ちなみにこの写真は裏返しているので、裏側に記された亡くなった年齢が見えています。

お水とお米のお供えは1日1回取り替える

仏壇のお水、お米のお供え台

お水と、炊きたてのお米は1日1回だけ取り替えます。

お菓子などは普通に食べるために買ったお菓子を供える

仏壇のお菓子をお供えする台

季節や時期によって、メインとなるお菓子を主にお供えします。例えば、五月なら柏餅、名月の日ならお団子といった感じです。ただ、普段は我々が食べるお菓子をそのままお供えしています。

仏壇のお花は時折供える

仏壇のお花飾り

このお花を供えるツボは小さいので、普段は2輪程度の摘んだお花をお供えしています。お彼岸など、ちょっと豪華にしたいときは、別の花瓶を用意して供えています。

線香立てなどは仏壇の手前に

仏壇の線香立てなど

線香立てなどは仏壇の手前に置いています。1日1回お線香をたいて、鈴を「ち〜ん」と鳴らします。
ちなみに仏壇にはLEDライトが付いており、手を合わせるときだけLEDライトを点けています。






仏壇は日本製の良いものを買いましょう

仏壇を買うならYagiken

仏壇のカタログを見て驚いたのは、インテリアのひとつにしか見えないほどおしゃれで、「あ〜、そうだよな。何も、仏壇は黒くて、いかにも仏壇っぽいものでなくてもいいんだよな。」と感じました。

我が家の仏壇も非常におしゃれで、とても気に入っており、「Yagiken」(というメーカーの日本製です。

もう5、6年置いてありますが、まったく木の質感を失うことなく、「買って良かった」と思わせる逸品です。とにかく仏壇は長く置くものですから、本当に良いものを選びたいものです。仏具屋さんも「Yagiken」を非常に勧めておられて、確かに他の仏壇より高額ではあるが、モノは間違いないと思い、購入して正解でした。

現代仏壇の八木研

仏具を販売するトップアート

Amazonを仏壇で検索

楽天を仏壇で検索

Yahoo!ショッピングを仏壇で検索

無宗教のお葬式のあげかた

読経はせず、葬儀場の方が朗読をしてくれた

宗派の方ならお坊さんに読経(どっきょう)してもらいますが、無宗教は誰も読経しません。我が家がお願いした葬儀場では、葬儀屋の方が詩のようなものを朗読してくれました。あとは、それ以外は普通のお葬式と何ら変わりはありませんでした。

ちなみに葬儀場でお葬式をあげると、非常に段取りよくやってもらえるので助かります。

その葬儀屋の方から伺ったのは、家で家族葬をやる方もいらっしゃって、そのご家族の見送り方で葬儀をあげられたそうです。

確かに我が家も家族と親戚だけだったので、自宅でお葬式をあげてもよかったのかも知れませんね。

葬儀屋が火葬場まで連れて行ってくれる

家族や親戚が多かったので、マイクロバス1台で葬儀屋が移動させてくれました。火葬が終わるまで数十分も掛かるので、その間、お酒を飲めたりします。お酒を飲むので、マイクロバスで移動させてくれるのは助かりますよね。

葬儀代は75万円程度

無宗教だとお坊さんへのお布施がなく、葬儀屋に支払う葬儀代(死体の安置、葬儀場所代、火葬への移動、手配、葬儀のお花代などがすべて込み)が75万円程度だったと記憶しています。
僕のイメージでは、もっと掛かるものと思っていたので、比較的安いと感じました。

無宗教のお墓の作り方

我が家は普通の霊園にお墓を建てました

霊園で検索したら、お寺が経営はしていますが、お寺とは別の敷地にある霊園が見つかり、その霊園を案内する石屋さんにお墓を頼んだわけですが、仏壇と同様、非常にデザインの凝ったお墓を作ることができます。

僕は、サンプルとして霊園に置いてあったお墓のデザインをベースに自分で大きさ、名字のデザインを考えて、パソコンでイメージ図を作った後、石屋さんがとても忠実にイメージ図を再現してくれて、とても良いデザインのお墓が完成しました。

価格は125万円、霊園に入るときに納骨代を含めて80万円程度と記憶しています。管理費は5年に1回?3万円を支払うと記憶しています。

霊園は電車で行けるのが良い

我が家のお墓は、電車の駅から徒歩圏内の霊園です。

今の年齢なら車で行ってもよいのですが、先々を考えると、電車で行けるのは良い選択肢だったと思います。

無宗教と伝えれば、石屋さんがアドバイスしてくれる

宗派のお墓がどのようなものかはわかりませんが、ほんとうにお墓のデザインも自由です。逆に、無宗教であるからこそ、凝ったデザインでお墓を建てるが良いかと思います。

石屋さんがいろいろアドバイスしてくれるので、とにかく石屋さんに相談してみましょう。

無宗教であるからこそ、自由で、且つシンプルな考え方で故人を偲ぶ

無宗教であるので、何かの決まりにしばられることはありません。また、いやらしい話ですが、全体的に安く済ますことができます。

大切なのは残された家族の気持ちです。

無宗教であっても、家族の気持ちで故人を偲ぶことはできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする